fc2ブログ

NO377:大山水紀行「清水の命の泉」

IMG_3684.jpg
長谷の銘水を汲み終えて、近くにあるであろう「清水の『命の泉』」を探しに行くことにした。
今回はカーナビの住所に小字まで入れることができなかったため、偶然走っていて旧国鉄倉𠮷線観光案内所の前を通りかかって、しめた!ここで「命の水」の情報を聞こうと立ち寄ったら・・・・
IMG_3662.jpg
なんか観光地になっているのか駐車場には車が数台
IMG_3663.jpg
中に入っても人影は無く、受付のおじさんが1人暇げに留守番、で「命の泉」がどの辺にあるのか聞いてみるも、そんなモノは聞いたこと無いとの返事・・・(-_-;)・・・・が、親切にチョイと待ってくれ・・・と、ネットで検索、「この土地「清水」ならこの道をまっすぐ行けばつきますのでその辺で聞いてみて」と、で我が輩「何が観光地なのですか」と尋ねると、「旧国鉄倉𠮷線の廃線が竹藪の中を通っている見事な景色が保存されて、多くの方々が見にいらっしゃっている」とのこと、我が輩もチョイと観たくなり行ってみることに
IMG_3664.jpg
旧駅舎を利用した観光案内所の間を通り廃線へ、そこの案内版には竹林エリアまで1kmと(T_T)
IMG_3665.jpg
写真には人影は映っていませんが、多くの人達が行き来しており、我が輩も1kmに負けず歩くことにした。
歩いて行くと、野良猫か近所の飼い猫か・・・がどこから来たのだ・・と言いたげに、コチラをにらんでおります
IMG_3673.jpg
1km以上歩いたであろうか「泰久寺駅跡」に着く
IMG_3679.jpg
近くの案内版には、簡単に読むと
IMG_3678.jpg
旧泰久寺駅の駅舎はすでに撤去されましたが、プラットホームやレールが残り、旧山守駅方面へ向かって歩くと、山守トンネルまでに竹林の間に横たわる線路を臨む幻想的な空間が広がっています。
山守トンネルに入るには旧国鉄倉𠮷泉廃線跡トレッキングツアーに申し込みください。
  【【申し込み:問い合せ先】   一般社団法人・倉𠮷観光マイス協会

都のことで、更に先へとトレッキング?
IMG_3680.jpg
トレッキングしていくと
IMG_3687.jpg
歴史を感じる線路跡を観ながら
IMG_3686.jpg
次第に竹林の中へと誘(いざな)われて行きました。
IMG_3681.jpg
なんと線路の中央に竹が生えています。自然に生えたのでしょうかd(^-^)ネ! それとも、インスタバエを狙っての植え付けたモノなのでしょうかd(^-^)ネ!
さらに進んでみると
IMG_3682.jpg
竹藪の中を蒸気機関車が通っている空間を創造すれば・・・まさに幻想的な佇まいであろう( ^o^)ノ
さらに幻想的な空間を求める方には、霧がたなびく早朝などがまさに幻想的な佇まいであろう事間違いない(^_^)v
というわけで写真マニアの方は是非とも・・・・(^_^)/
我が輩の思いは、田舎住まいなモノで竹林が100mほど続いていれば目が飛び出るぐらい感動していたのだろうが、さらに奥に行けば幻想的になってくるノかと思いながら足が棒になってきているのをこらえて進んで行くと
IMG_3685.jpg
トンネルが鉄板で蓋をされている異次元空間を感じる場所で行き止まりとなっていた。この日は、写真には写っていませんが多くの方達が見学されていたので思わなかったですが、一人で歩いてくると霊気を感じるであろうと思いながら引き返してきました。
往復30分以上は掛かったであろう時間を気にしながら、教えてもらった道順を進んで行った。
IMG_3670.jpg
三叉路に突き当たったが、案内版に「清水」←が書いてあり左の方へと入って行きました。そうで集落が出てきたので、だれかおられないかな~と思いながら走っていると、軽トラから降りてこられた60代と思しき方にお尋ねすると、チョイトまって・・・と家の中に入って出てこられてオレに付いてきてくれとサイド軽トラを動かし走り出された。
IMG_3669.jpg
清水の集落の裏山の麓に導かれ着いた所が
IMG_3668.jpg
東屋があり、その横の石庭に作られた筒から水が流れ出ていました。
IMG_3667.jpg
ここが「命の泉」です・・・と、話をする中で、ここの水は遠く蒜線高原から流れてきているらしい・・・と、その辺はチョイと疑問のある所ですが、話の中でNO376でも書きました娘さんの話が出てきたり、案内人サンはここの水を愛用しているとのこと、
IMG_3666.jpg
   清水「命の泉」 の由来
 ここ清水集落は中国山地を分水嶺として小鴨川に流出する 清水川沿いに木地師が定着し開拓してできた集落です。
通称「清水」集落は、読んで字のごとく清らかな清流の里であり、豊潤な水量が大地の恵みととなり、村人の喉を潤し、農地を耕し、また、特産の「わさび」を生産してきました。
 清水には集落を挟んで北の鎮守の森の中に「熊野十二社・三社権現」があり南堀地区の「産土の社」として尊崇され、南の小高い林の中にある「足尾神社」は足王様・手王様とも呼ばれ足・手の神さまとして信仰されており参拝者が多数あります。また、清水川上流集落より約8km西に当たる蒜山に通じる山道わきに、約10mの黒い奇岩がそそり立ち、仏さまの化身の仙人が住んでいたという「塔王権現」があります。
 「足尾神社」の山裾の岩から清冷な清水がコンコンと湧き出ており、「塔王権現」に住む仙人が発見したと言い伝えられ、この水は清水集落の住民にとって欠かすことの出来ない「命の泉」として親しまれています。
   平成8年うるおいのある村づくり対策事業

で、案内人サンに近辺の紅葉のことを聞いてみたら、昨日大山の環状道路の一部「鍵掛峠」仁行ってみたら最高の紅葉だったとの事、「清水の命の泉」もゲットできたし、そちらを目指して出発して行った。尚、案内人様には丁寧に御礼を言ってからのことであります。

「清水の【命の泉】」の独断と偏見の水評価は
長谷の名水よりも硬質な感じがした水で、チョイと微妙なところでした(と、言うのも次からの水が美味しすぎたからかも)
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v
詳しい場所








関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR