FC2ブログ

NO342:滋賀県の名水「京の水」

IMG_1366-1q.jpg
ネットで探していたら新聞の記事に『滋賀だけど、名水「京の水」という人気の湧き水がある』という記事を見つけた。
読んでみると、滋賀・三重県境を走る国道421号の「石榑(いしぐれ)トンネル」近くにある「京の水」と呼ばれる湧き水。古くから街道を歩く旅人に親しまれていたとされ、名前の由来は、伊勢(三重)から京を目指す旅人が、この地点を境に「京都圏」に入ったと考えていたことにちなむと伝わる。
これには強く関心を引きつけられ、早速行ってみることにした。しかし、一回目は時間が足らず、奇しくも正月が迫る暮れの29日に2回目を強行。その2回の紀行文を合体させて2021年初めての「お水取り」としてお伝えしたいと思います。
IMG_1306-1w.jpg
名神八日市ICで下りて国道421号を三重県いなべ市へ向けて行くのですが、鈴鹿山脈?の山間を登っていく山間の風景を一枚
その421号線の途中に、日本遺産に指定されている「永源寺」というお寺があります。
一回目の時は、時間の都合でよることができず、二回目の年末に行ったときに参拝できたモノで、
IMG_1356-1t.jpg
お寺の駐車場が少ないため、国道沿いに駐車場があり、そこから愛知川に架かる旦度橋という名前の赤い橋を歩いて渡りお寺に向かうのであるが、今回は境内にある駐車場に止めれましたので歩かなく境内まで行けました。その橋を渡りきった所に
IMG_1357-1u.jpg
禅の水(この水は飲めません)という水が流れていた。湧き水かどうかお寺で尋ねて見ることにして参拝することで境内へと
IMG_1355-1e.jpg
この右側に10台ほど置ける駐車場が有る。ソコを通り進んでいくと
IMG_1359-1i.jpg
永源禅寺という看板の横に、開山のいわれが書いてあり
IMG_1360-1s.jpg
開山   寂室元光禅師
永源寺の開山、寂室元光禅師は美作国高田村(現岡山県勝山町)で、正応3年(1290年)に生まれられた。13歳の時、京都東福寺の無為昭元禅師についてお勉学ののち、鎌倉の禅興寺で約翁徳倹禅師のもとで修行された。禅師28才の時、南禅寺に寧一山国師に招かれた。寧一山は宋国の台州生まれ、道を求めてやまない寂室はは遂に元国へ渡航、禅師31才の時である。
 中国で7ヶ年、天目山の中峯和尚をはじめ各地で修行、、嘉暦元年37才の時、長州室津へお帰りになり、以後、吉備、甲斐、遠州等各地で雲水生活を続けられたが、佐々木氏頼の願いに依り、中国の天目山に似た当地に康安元年(1361年)永源寺を創建された。
      永源寺町教育委員会
とのことである。
大歇橋(ダイケツバシ)を渡り石段の参道へ
IMG_1362-1d.jpg
永い石段を
IMG_1365-1h.jpg
ヒハーヒハーと歩いて登っていくと、16羅漢の石像が出迎えてくれた
IMG_1367-1j.jpg
「修行を完成して尊敬するに値する人」「悟りを得た人」「 悟りをひらいた高僧」を指します。 お釈迦様の弟子で特に優れた代表的な16人の弟子を十六羅漢といわれています。その辺から
IMG_1368-1z.jpg
参道が平らになり、進んでいくと
IMG_1369-1n.jpg
総門が見えてきた。総門をくぐると
IMG_1375-1m.jpg
参拝受付があったが、参拝者が少ないのか事務方はいなく、左の方に近代的な、自動志納金券売機が据え付けてあった。
IMG_1376-2q.jpg
こりゃ誰も見ていないで素通りしても解らないカモ・・・・・と思ったが、朱印所でパンフと交換する事とのこと、悪い考えは天から見つめられていますぞ!・・・ちゅうこと。
コロナ過で「緊急事態宣言」が当地域でも発令され、益々水汲みに行けなくなりました。・・・ゆえに、編集もノンビリと書いていきます・・・てか、今までもノンビリ~だったちゅ~の・・・と言われそうですが・・・(。-_-。)
山門(三門)に行く道すがら見た風景
IMG_1380-2y.jpg
そして、山門
IMG_1382-2e.jpg
 寛政7年(1795)丹崖周桂禅師山門無きを嘆き、建立を発願し、彦根藩主に図り、四方に浄財を化縁して着工、7年の歳月を費し享和2年(1802)霊隠道泉仙禅師代に完工す。
 楼上に釈迦牟尼佛・文殊菩薩・普賢菩薩並びに16羅漢像を奉安している。
 平成10年、住職大雄老師の時、大改修された。
山門をくぐり抜けると
IMG_1385-2u.jpg
正面の石段を上がっていくと
IMG_1386-2i.jpg
手前正月飾り付けを終えた紫の幕の建物が「庫理」その奥が「御朱印所」ここで「志納金券」の検め場所にてパンフを戴く、その奥が本堂である「方丈」
今回は、二回目に行ったとき参拝した師走であったが一回目に行ったときお参りしておけば、また違った紅葉の景色が拝まれていたのであったが・・・残念であった。
そして、永源寺の最大の見所「方丈」本堂である
IMG_1389-2p.jpg
葭(よし)葺きの屋根の迫力は一昨年行った「白川郷の茅葺き」の屋根より圧倒されるモノであった。その前に立っていた柱は
IMG_1388-2o.jpg
柱の上部には「大圓鏡智」(大きな丸い鏡が万物の形を映すように、すべてを正確に照らす智慧)その下には銘日と・・・書いたものが、何のために建ててあるのか?であった。
IMG_1387-2a.jpg
 本山古例の法要を行う道場である。元安心室と号し、佐々木氏頼が康安元年(1361)に創建。
 しかし、度重なる兵火、火災によって消失の難にあった。現在の建物は明和二年(1765)第百十二代拙堂禅師の時、井伊家の援助により建立されたもので屋根は国内屈指の葭(よし)葺きである。
 正面広縁には開山寂室禅師真蹟「瑞石山」の額が懸けられている。元来永源寺の山号は、飯高山と号したが、開創まもなく瑞石山と改号されている。瑞石の石の点は(書いてないが石の間に、が付く)角のある割れ石の意で、石は角のない丸石のことと伝えられている。
 仏間正面には、本尊世継観世音菩薩(秘仏)、脇壇には、中興開山一絲国師の座像、歴代住持の位牌、井伊家及び壇信徒の位牌が奉安されている。
本堂の内部は
IMG_1391-2g.jpg
何人入れるんだろ・・・と思える大講堂である。その覗いた入り口の後ろには、粋な庭園?
IMG_1393-2f.jpg
パッと見、なんで逆さに『永源寺』と立ててあるのだろ~と思ったが、すぐさま解決😉更に境内の奥にまで入っていくと
IMG_1403-2h.jpg
風穴と書いた意味深な石垣、富士山麓の風穴は有名だが・・・
(風穴とは=洞窟の内外で生じる気温差や気圧差により風の流れが生じ、洞口(洞窟の開口部、出入り口)を通じて体感的に速い大気循環がある洞窟の一形態である)
と言うわけで引き返す事に
IMG_1404-2j.jpg
方丈以外にも、多くの建物がありますが、境内の奥の方から入り口の方を撮した風景です。
そして参道を下りていったのであった。
IMG_1411-2k.jpg
再度R421号に入り上流向けて走り出した。1回目に来たとき、この雰囲気をみて何時か必ず来てやろうと思った風景
IMG_1352-2z.jpg
集落の屋根越しの永源寺の建造物の屋根々、ソコを上がって行くと永源寺ダムに到着
IMG_1350-2x.jpg
ところがダム湖をみれば
IMG_1351-2v.jpg
水はスッカラカン・・・ダムの裏側も
IMG_1348-2c.jpg
水も無いが、土砂の堆積もスゴイ


つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR