FC2ブログ

NO330:平成の名水百選「本願清水」

IMG_0577-2Q.jpg
その喫茶店は駅前を走っている国道476号にあたる6間通りにあるという。
老人の一人から言われたときは、あやふやな喫茶店名であったので、後ほど検索してみるとホントに美味しいコーヒーを求めてお店をやっておられる人柄が「牧野俊博」伝わってきた。で、我が輩も行ってみたくなり大野市へ行くきっかけになったのである。店名「モモンガコーヒー」であった。
ところが、行ってみるとコロナの影響で店内サービスは自粛との事、テイクアウトならするとのことであったが、紙コップで飲んでもな~と言うことになりお断りして、次の「平成の名水百選本願清水」へ行くこととなった。
本願清水は「イトヨの里」の敷地内(逆の言い方の方が正しいようで)にあるので、スマホの地図検索でもすぐ解った。
IMG_0581-2w.jpg
着いたのは良かったのだが、「県外入場禁止」の張り紙。ここもコロナの影響丸出しw( ̄o ̄)w
水を汲むとこを尋ねると、池のそばにあるとのこと。
IMG_0575-2e.jpg
「イトヨ」資料館の横が池になっており、その端の所に水汲み場が設けてありました。
IMG_0564-2r.jpg
余分な人物が映っていますが無視してもらい、ここで水を汲みました。この池に梅花藻が自生しているかと探したがこの池には見当たらず、後で資料館の方に尋ねてみても、ないと言うことであった。綺麗な水の所には自生している事が多いいのだが・・・
イトヨが見えたので池の中を撮ったが
IMG_0568-2i.jpg
残念ながら撮れてませんでした~。で、本願清水のイワレは
IMG_0565-2t.jpg
環境省の、全国各地域の生活に溶け込んでいる清澄な水や水環境の中で、地域住民などによる主体的かつ持続的な保全活動が行われているものを「平成の名水百選」として選定しました。
 本願清水のある糸魚町は、木本扇状地の末端に位置し、伏流した地下水がいたるところで湧き出していたと伝えられており、
天正三年(1575年)大野に入封した金森長近公が、この地を一段深く掘り下げて、町用水の水源地として整備したのが本願清水の始まりと伝えられています。
 名前の由来は、昔この近くに本願寺派のお寺があったからとも、本願寺派の門徒を使って堀広げたからとも伝えられています。
                     平成20年6月      大野市
とのことです。水もくめて目的の残り一つ、大野で美味しいパンやに行くということ。本人曰く名前は知らない・・・(T_T)
とりあえず町中を走りそれらしきパン屋を探すことで出発。すると、資料館を出たところにパンやが在り、ここで買って帰ったら~と、その老人一人に促してみるもダメだとの返事・・・・(`o´)
結局市内を走り回ってもそれらしきパン屋さんを見つけることができず、老人一人に帰り道パン屋を探して買ったら~と行ってみても「ウン」という返事が出てこず、再度探す羽目に・・・が見つからず、ちょうど駅前に着いたところでタクシーを発見!老人二人目がタクシーの運ちゃんならよく知っているので効いてくると行ってくれた。効いてきた通りに進んでいくと
IMG_0582-2o.jpg
着いたところが・・・・見たようなお店・・・・・ようよう周りも見れば「イトヨの里」資料館を出たところで、ここで買ったら~と行っていたパン屋さんであった。ギャフン+.(*'v`*)+
お店の中は
IMG_0583-2i.jpg
美味しそうなパンが所狭しと並べられ、三人の老人共々買って帰った・・・という一日であった。

だ九段と偏見の「本願清水」の水評価は
「御清水」と同じように美味しく飲めました。が、市内と言うこともあり雑菌は多いと思いますので、必ず煮沸して飲まれますことを報告しておきます。
(^-^)/ (^-^)/ (^-^)/ (^-^)/ (^-^)/(^-^)/
詳しい場所は





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR