FC2ブログ

NO320:笠形山の「クマザサの水」

笠形山のクマザサの水 013-1w
「笠形神社の霊泉(仮)」を汲みに行った時、時間切れで行けなかった「クマザサの水」をもらいに行ってきました。見出しの写真は、その時の売り房の写真です。・・・今頃どうなったのかな~
と、言う訳で正月過ぎに行ってきました。
今回はドライブがてら行く事にして(ホントは何時もなのだが)、高速で現地市川町まで走るコースにした。
与謝野町から乗り、舞鶴道春日から無料区間で和田山まで走り、姫路へ向かう播但自動車道に入り、市川のICで降りた。
ソコから笠形山に向けて地道で進んで行った。
情報元では、「クマザサの水」が出ている林道には鎖が張ってあり、その鎖をほどくには鍵を解除しなければ行けないらしく、解除するカギは、近くにある「リフレッシュパーク市川」という公営宿泊施設に置いてあるとの事。まずはそこをめがけて行くのでしたが、前回看板を見ていた「岩戸神社」に初もうでも兼ねて寄って見ることにしていた。「岩戸」と聞けば、アマテラスオオミカミ(天照大御神)を思い出すのだが、関わりがあるのか行ってみたかったのである。
笠形山のクマザサの水 052-1w
まずは駐車場へ。それにしても三ヶ日を過ぎているのか参拝者がいない(?_?)・・・という事はあまり有名ではナイという事なのか(?_?)
駐車場へ着くと、のっけから岩との関わりがあらんとするかのような岩が
笠形山のクマザサの水 053-1r
岩の上に木が自生しているのである。偶然に岩の上に根っこが巻き付いたのか、それとも岩が土中に埋まっていた岩の上に木が自生して、その後土砂がなんかのキッカケで取り除かれたのか、とにかく珍しい光景であった。
分かりにくいのでもう一枚、
笠形山のクマザサの水 054-1e
勢い心も昂ぶり、参道へ
笠形山のクマザサの水 056-1t
鳥居の横に「岩と神社」の概要が掛かれていた
笠形山のクマザサの水 057-1y
市川町指定重要文化財
岩戸神社
 岩戸神社は正中元年(1324)この地に移され、現在の本殿は寛保元年(1741)に建てられています。
建物は本殿と拝殿、そしてその間に舞殿が付く構造となっています。
 本殿の彫刻は特にすばらしく、丹波柏原町の中井家一統 の作として有名です。
 社殿は巨木・巨岩に囲まれ、神域にふさわしい環境を作り出しています。
廷宝二年(1674)には姫路城主松平大和守自ら参拝し、県内の風致を賞賛しています。
      市川町教育委員会
という神社で、鳥居をくぐって参拝に
笠形山のクマザサの水 058-1u
凝った造りの参道を歩いて行くと
笠形山のクマザサの水 059-1i
赤い太鼓橋がかけられており、それを渡りきると左手の小屋に
笠形山のクマザサの水 060-1o
見事な動物の彫刻が出迎えてくれました。神社の彫刻も素晴らしく
笠形山のクマザサの水 062-1o
見惚れて、神社全体の写真を撮るのを忘れていたが為、全体像はお見せすることができません。
少々彫刻の彫を鑑賞してください
笠形山のクマザサの水 070-1p
チョイト映りが悪いかな(?_?)
笠形山のクマザサの水 072-1a
神社仏閣など柱に堀のあるところは多いいが、こんな社殿満ぐる環に見事な彫刻を見るのも珍しい
笠形山のクマザサの水 071-1a
・・・と、関心のある方は尋ねてみては(^_^)/
結局、岩戸の期待は裏切られたが、岩の谷間に置かれている神社でした。
笠形山のクマザサの水 078-1s
舞殿に説明されていた内容によると、近年長い事廃れていた地元の祭りで祭礼を神社で再開するようになったとか
詳しくは「岩戸神社」で
で、ここからさらに笠形山へ向けて出発
途中、天然温泉:笠形温泉「せせらぎの湯」
笠形山のクマザサの水 049-1f
を横目に見て、さらに登って行きます。この道の先に在る「船坂トンネル」方面には行かず、左に入って行きます。
笠形山のクマザサの水 048-1g
ここから数キロ走ったところに集落が出て来て、その入り口近くに「リフレッシュパーク市川」があります。
笠形山のクマザサの水 010-1h
この奥には
笠形山のクマザサの水 007-1k
「カブト・クワガタわくわく館」も併設されており子供さんも楽しめる施設の様です。
笠形山のクマザサの水 009-1j
「リフレッシュパーク市川」とは
 1982年、当村は個数63戸、山林621ヘクタール、田畑36ヘクタールという自然の冨に恵まれた村でした。しかし、時の流れに若者は村を離れ、村は過疎化が始まりました。過疎化に歯止めをかけること、都会と山村の交流を図ることを目的に創られたのがリフレッシュパーク市川です。
 ここは海抜228mで、年間平均気温18、6度という過ごしやすい気温です。そして、中国山脈の南に位置し、寒帯植物の南境、温帯植物の北境で、季節ごとに色々な植物に出会えます。また姫路より31km、大阪より110kmと近い距離です。都会の喧騒を離れ、都会の疲れをこのリフレッシュパーク市川で、癒していただければ幸いです。
 さぁ、美しい山々や植物たちをよく観察してください。都会では味わえない何かがあるはずです。
   私たちは皆様を心より歓迎いたします。   1997年 発案者 岡本 弘
と言う目的の施設です。玄関より
笠形山のクマザサの水 005-1j
入り、受付で「クマザサの水」を汲みに来たとお願いすると。すぐ理解を示してくださり鍵を渡してくれましたが、レストランで昼食を食べたいと言いますと、それでは預かっておきますと。で、レストランで「お勧めのモノを」とウエイトレスに尋ねてみると
笠形山のクマザサの水 003-1z
今回新しく考案したメニューですと渡してくれました。

[最近我が町営プロバイダーが2021年3月で終了することになり、町営のプロバイダーを変更しなければならないことになりました。
この機会に、光回線とプロバイダーを変更し、ついでに新しいパソコンに入れ替えました。OSもWindows7からWindows10になりました。しかし、使い勝手が今一慣れず四苦八苦しておりブログに写真をUPするのも苦闘しております。よって続きがすらすらと書ける日が何時になるかわかりませんが、今まで以上にスローな書き込みになりますが、誠意努力を続けて参りますのでご勘弁お願い致します]
笠形山のクマザサの水 004
試験に写真を一枚貼り付けました。
上の写真は、我が輩が頼んだ「牛コロコロ丼」です。見るからにボリュームのあるドンブリでした。しかしレストランは我が輩一人、なんか寂しく食べるのも味気ないものでそそくさと食べ終え受付に鍵を借れに、管理人さんと少々話をする中で「以前は多くの人がクマザサの水を汲みに来ておられたが、最近はめっきり少なくなった」とのこと、道順を教えてもらい出発。
笠形山のクマザサの水 011-1q
村中の道をまっすぐ行けば分かるとのことで、行ってみると行き止まり・・・と、そこにオリが仕掛けられており、何か動くものが見えるではないか、車から降りて近寄ってみると、なんと ウリボウ が動き回っているのである。
笠形山のクマザサの水 012
我が輩が近づいたのか、逃げようとしてオリにぶつかっているところである。
笠形山のクマザサの水 014-1q
まだ小さいので逃がしてやろうかな・・・と一時思ったが、イヤイヤ農家の方々が困っての仕掛け、よそ者が勝手なことをしてはダメだと思い直し、その場を離れた。ちょうど村に入ると地元の方がおられたので「ウリボウ」のことを告げて、再度道探しに戻ったのであります。



つづく
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR