NO223:明石市の「弘法大師の霊水」

  17,3,12明石市、 103-2y
皆さんは明石海峡大橋の下を歩けることを知っていますか?吾輩は最近まで知りませんでした。でぇ~こちらもついでに(こちらが本命カモ)行く事に、
「亀の水」を入れてから、舞子公園へ移動
  17,3,12明石市、 001-2u
駐車場から舞子海上プロムナードへ
  17,3,12明石市、 002-2i
右のコンクリートの中が入口になっています。
入口の前から
  17,3,12明石市、 003-2o
中は
  17,3,12明石市、 004-2p
なぜか欄の展示会、こんなものも
  17,3,12明石市、 028-2a
招福布袋さん、場違いでは(?_?)
ここからエレベーターでアンカレイジまで登り
  17,3,12明石市、 005-2s
ここから遊歩道へ
  17,3,12明石市、 007-2d
展望ラウンジの中は写真は撮れてなかったので、そこから写した外の風景
姫路側
   17,3,12明石市、 021-2z
神戸側
  17,3,12明石市、 011-2j
ソコから、50m程先を一周する遊歩道へ出て行きます
  17,3,12明石市、 012-2x
遊歩道の最大の売り物「丸木橋」
  17,3,12明石市、 013-2b
丸木橋の上を歩いて渡る体験をしている所
   17,3,12明石市、 015-2n
渡り終えて、相方さんもこの満足のはしゃぎよう、後ろの修学旅行生?もはしゃいでいま~ス\(^o^)/
写真では伝わりにくい怖さ
   17,3,12明石市、 014-2c
デス(@_@;)
そして一周遊歩道を歩いて
  17,3,12明石市、 019-2m
先端から見える歩道橋へは「5月20・21海上ウオークイベント募集中」 で歩けるようです。歩きたい人は今からでも遅くないですよ~\(^o^)/
という事で、反対側の展望
  17,3,12明石市、 020-3q
そして観終わって外で記念撮影
  17,3,12明石市、 036-3w
この大きなコンクリートの塊の中へ行ってきたのです。 
  17,3,12明石市、 039-3e
舞子公園を後に、「弘法大師の霊水」の湧いている現地へ、明石市と加古川市の街境の二見町へ移動して行った。  
情報元では少々判り辛いところと書いてあったので、地図をプリントに出して持って行った・・・が、路地裏に入ってチンプンカンプン行けるであろう路地裏の道が判らない、そこに歩いてきたおばちゃんに尋ねてみると「そんなものは聞いた事がない」とつれない返事(+o+)、地図を広げて見せると、お店の名前を見て「このお店ならもう少し先です」との事、当てのない道をその方向へ進んで行くと、
  17,3,12明石市、 097-3r
そのお店の裏側の通りの雰囲気、この通りを走っていたら、道の下の方に
  17,3,12明石市、 096-3y
それらしき雰囲気を醸し出している場所を探し当てた。(^_^)v
  17,3,12明石市、 102-3u
弘法大師の石像もある。石像の下には、「弘法大師ならぬ智恵水大師」と書いてある。丁度若夫婦がその場所を掃除されていたので尋ねると「そうです」との返事、
  17,3,12明石市、 101-3i
「弘法大師の霊水」はお地蔵さんの祠の横に
  17,3,12明石市、 098-3o
霊水はとても綺麗でした
  17,3,12明石市、 099
汲ましてもらう前には、水掛地蔵さんへお水を頭からお供え
  17,3,12明石市、 100-3s
相方さんも手伝って水汲み、吾輩はその間に写真撮り、
「弘法大師の霊水」云われを現地で写してきたはずであったが、探してもどこにもない・・・で、情報元からお借れしまして
  海岸に近く海水のため、飲み水に困っていた地に、弘法大師が錫杖で地を突くと、清水が湧いたという由来がある。
水掛地蔵尊が祀られ、現在も土地の人々から信仰を受けている。
弘法大師の名が付いている湧水には、これと似通った話が多いい。地域で保全されている水汲み場には沢山立ち寄ったが、今回のように、お掃除をされている所に出くわしたのは初めてであり、我々よそ者が水を汲めるのもこのような方たちの日々の賜であります。帰り際お賽銭と一言お礼を言って最後の目的地に車を進めた。
近所の知り合いから、明石焼きを食べるなら「魚の棚」商店街へ行って来い。と言われていたので、また後戻りをして明石駅前に戻ってきた。
  17,3,12明石市、 116-3f
見出しにも載せた写真が商店街の雰囲気で、マジで地方の商店街でこんな人通りの多いい商店街は見たことがない!!
とりあえず商店街を端から端へ一通り見て回り、知り合いから聞いていた「人が並んでいる所へ入る事」という事から
  17,3,12明石市、 105-3f
遅昼にしていた3時半ごろでもこんな感じで、この時に一番多かった人並びの店に並んだ。その横で
  17,3,12明石市、 107-3g
実演販売、卵の量も
  17,3,12明石市、 109-3l
次から次へと半端でなく段ボール箱の中から取出し、ネタを作りそれを焼いて
   17,3,12明石市、 108-3k
出来上がったものは、持ち帰りのお客がおれば販売し、いなければお店の中へ・・・と流していた。かれこれ30分ほどで番が回って来て
  17,3,12明石市、 110-3z
着席、間もなく明石焼きが、なんでも、明石の人は明石焼きの事を「卵焼き」と言っているらしい
  17,3,12明石市、 111-3c
明石焼きにはダシが付いてくる
  17,3,12明石市、 113-3v
食べ方は、ダシに付けて食べる方法とソースを付けて食べるやり方があるそうで、吾輩はそれにソースを付けて、それをダシに付けて食べるやり方がちょうど味付けが吾輩の口に合っていて美味かった~(^_^)v
お店の壁には
  17,3,12明石市、 114-3b
有名人らしき人達のサインが・・・・・・・
食べ終えて、商店街を物色して帰るころには
  17,3,12明石市、 118-3n
大きな月夜(^_^)/次の日が満月、この大きな月での一コマ
吾輩「なぜ都会の出る時の月は大きいのかな~」
相方「都会だけとちがって、出る時や沈む時は地球の構造物と比較できるから大きく見える」との事
吾輩「オイラは大気の屈折率で大きく見えるのだろう」と
相方「なら、着きが真上に来ると小さく見えるのはなぜ」
吾輩「地表の熱で大気が温められて水平にみていると、温められた大気の分が多く、上に行くほど温められた大気(空気)が少なくなるから」と返事
・・・・・結末は?

☆「弘法大師の霊水」の水評価は、五点に近い4点だったが、お掃除されている方のボランティア度を足して
独断と偏見の
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vにしました
尚、追及はしないでくださいね(~o~)
詳しい場所は
  


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR