NO216:菅野の清水

   伊根の湧水 088-2t
府道57号線を戻り、
   伊根の湧水 091-2u
伊根湾側から見た標識で、左へ入って行くと・・・集落の入口に上記の滝が有ります。案外立派な滝ですが水量は小川程度
    伊根の湧水 083-2i
小川の横を進んで行くとスグ菅野集落に着きます。
   伊根の湧水 065-2o
伊根町の集落としては多いい方だと思います。この村中に入るとこに
伊根の湧水 076-2s
湧水らしき小屋が有ります
   伊根の湧水 078-2p
実は、数年前にも菅野には湧水を探しに来ていたのですが、その当時はこんな立派な小屋ではなく、さびれた小屋の中に水たまりが有り、水槽の底には泥や蜘蛛の巣が張っていてもらって帰りたい代物ではなかった所が
   伊根の湧水 081-2a
置物も整理整頓され
    伊根の湧水 080-2a
水槽もきれいに作り替えられている様子、しかし、水は相変わらず動きがなく気が進まないモノであった。また、情報元の「菅野の清水」は菅野集落から丹後縦貫林道へ抜ける林道にエスロンパイプから湧水が出ているものであったので、この場所ではないはず、そちらの方に車を向けて行く事にしたが、此の場所は、菅野集落の大事な関わりのある井戸なのだろう。
集落のはずれから道が分かれ、
   伊根の湧水 074-2d
左は集団墓地、
     伊根の湧水 075-2f
右にとりあえず進んでみるとスグ
   伊根の湧水 070-2h
情報元のパイプから水が出ているという所が出て来た。しかし
   伊根の湧水 068-2j
今ではパイプが詰まり、水も岩をつたって下の水槽に流れている。山肌はと言うと
   伊根の湧水 067-2j
竹藪も荒れ放題、その中から水は流れて来ている。沢水ではないと確認して
   伊根の湧水 066-2k
泥が堆積している水槽から、2本もらって帰る事にした。このような水は必ず煮沸してから飲むように心がけている次第です。
この先縦貫林道へ
    伊根の湧水 071-2z
行かずに帰ってきました。
京都府無形文化財「菅野の祭り」
       

独断と偏見の「菅野の清水」の水評価は
「河来見の清水」と同じく、日本的軟水の味であったが先入観からか泥の臭いのような風味がしたような、しない様な・・・という訳でー1として
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vにしました。  
詳しい場所は
  
   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR