NO166:くつきの森の「千年椿の泉」

  kutukiqm.jpg
鯖街道を下って行くと、朽木道の駅があります。ここも以前寄った事があり、覚えているのは当時千円のランチバイキングを食べた事でした。今回まだあるかなぁ~と思いながら寄ってみると
   kutukiwa.jpg
「バイキング1000円」の看板が掛かっているということは、今尚健在だという事でした。 
道の駅お売店を一回りしても閉店まじかという事おあり、めぼしい物も無く道の駅を後にした。
天然水の持ち帰る予定の四か所には残り一ヶ所、ガソリンもなくなりスタンドへ寄って、ゆうに90リッターは入る量をけっちって50リッターに節約して入れてもらっている間世間話をしていると、やはりくつきの森に湧水が出ているという。一度探しに行った事を話すと、どうも分かり難いところらしい、管理棟で聞けば分かるデぇ~とこ返事、早速一度行ったところに引き返し
   kutukind.jpg
管理棟へ
   kutuki-oa.jpg
玄関の扉を開け呼び出すも返事がない、思い余ってもう一度探してみようと三叉路までゆっくり走って探すもやはり見つからず((+_+))
時間も遅くなってくるので帰ろうかな~と・・・・しかしもう一度管理棟へ行ってみようと車を引きかえし軽トラの後について行くと、軽トラも管理棟へ、しめたと思い職員さんを呼び止め、湧き水の事を尋ねてみると「あの水は最近検査したところ菌が検出されたので飲めないと、場所を教えてくれない(~_~;)
「コーヒーを沸かして飲むのだから心配ご無用」とかなんとか言ってるうちに、それじゃあ・・という事で、引き返して道が広くなっている辺りに大きな椿の木が有るので、その根元から出ているとの事、早速引き返して確かめて見るに『ここだ!』と言うところが分からない、そういえばやまね館に行くときに軽トラが停まっていたのを思い出し、そこへ行っていみると
    kutuki-ko.jpg
花が咲く時期ではないので分かりにくかったが
   kutuki-sn.jpg
確かに椿だが大木ではない(~_~;)
   kutuki-wb.jpg
「朝日の森保護樹」 ヤブツバキ・・・Camellia Japonica   分布=本州~九州 朝鮮南部  成長はゆっくりで長生きする。根元から湧き出る清水は、これまで涸れたことがない。
目印と言えば、これぐらいしかなかった。
(一週間ぶり)
根元から出ているという湧水は見当たらず(~_~;)・・・と、横を見ると
   kutukiddo.jpg
階段が下に伸びていた。下って椿の方を見ると
   kutuki-lld.jpg
まさに椿の根元から湧水が出ていた。これで目標の四ヶ所目をゲットする事ができた。
   kutukiru.jpg
という訳で、帰宅の途についた。

今回「千年椿の泉」には「雑菌」が検出されたという事から、「くつきの森」を管理されている職員さんが危惧されていたという現実
ゆえに、利用する場合は必ず沸騰を経たお湯にして飲んで下さいネ、という事で
独断と偏見の水評価は、四か所の中では一番満足するコーヒーが飲めました。
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vでした 
詳しい場所デェ~ス

   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR