NO163:旧朽木村の「麻生の清水」(仮)

P1010002-w.jpg
お盆になると親戚一同集まるのだが、今年は盆前に汲んできておいた天然水が底をついてしまった。
好評の湧水が無いとは、御もてなしする事ができない。これじゃイカンと
滋賀県高島市旧朽木村へ、朽木村一周湧水探しのドライブと相成った。今回も連れ合いは用事があり一人旅となった。
この辺りには趣のある旧村名がある、旧名田庄村もその一つで好きな名前です。
平成の大合併で高島市になったが、以前は朽木村であった。鯖街道と言われている国道367号線から枝分かれした県道がまた合流する。大体その一周の中に村が入っているという所である。今回はその旧名田庄村に湧き出ている水(情報の有る)をすべて頂いてくる計画を立てての出発でした。
高速若狭道でIC若狭上中まで乗り、そこから琵琶湖へ向けて国道303号走り、上の写真の所から鯖街道367号へ入り朽木へ入って行った。
情報から4ヶ所の水を頂く予定で、先ずは「地子原集会所」付近に在るとの情報(後に勘違いが判明)をもとに、県道783合へ入り「地子原集会所」を探し求めるも付近にそのような雰囲気の場所がなく、民家で尋ねる事に、お婆さんが出て来られ「そんなものは無いで、でも庭に出ている水は集落で沢水をろ過して昔から飲んでいた、ウチのお婆さんはこの水を飲んで90歳まで生きられた」と自慢して下さったが、話の中で、「来た方向へ戻り、くつきの森という河原に湧水が出ていると聞いている。少し判りにくいが」と新たな情報を教えて下さった。庭の水は丁寧にお断りして、新たな情報の方へ車を進めた。
   P1010112-e.jpg
この道を右へ入って行きます。森林公園「 くつきの森」ゾーンに入って行きます。
左に川が流れ数家族渓流で水遊びをしていましたので、写真は遠慮しておきました。川の縁だという言葉に、車をゆっくり走らせ探してみるも見当たらず、くつきの森の部分を抜けてしまった。すると前方の土手から水が出ているのを発見
   P1010008-t.jpg
すぐさま車をUターンさせて確認
   P1010006-y.jpg
大きな声では言えないが・・・「実際は水を汲んでからブログの校正を考えて写真を撮るのである」これまた大変なんでござる(~_~;)
   P1010007-u.jpg
下にタライが受けてあるという事は、飲んでも良いという事だと勝手に解釈をして地域の名前をかぶせた仮の「麻生の清水」とさせて頂いた。「くつきの森」での湧き水は最後にどんでん返しで汲む事ができた。また、地子原集会所近辺に在るであろう「広野の湧水」は吾輩が地図を見間違えていて、帰って調べた結果集会所よりまだ先の集落にあるもようであった。それはさて置き、この路は朽木一周道路ではないので、行けるとこまで行って見る事にした。
途中こんなものが
   P1010013-u.jpg
「獣魂の碑」と書いてあり、横に牛舎の朽ちた建物があった。さらに進むと
   P1010023-o.jpg
深い谷合を走り、着いたところが
   P1010021-i.jpg
右の林の中に別荘もあるような所だったが、この先橋を渡ると柵が設置されていたので、引き返し次の「ダイバタの清水」なる湧水を求めに行ったであった。

独断と偏見の水評価は、ふつうの水でしたが、一週間を過ぎたころから、心なしか透明度が悪くなってきたような・・・その後オラオラも増えてきたので
(^_^)v (^_^)v (^_^)vを→(~_~;) (~_~;) にしました。
詳しい場所は


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR