NO203:香美町の「耀子の清水」

    猿尾の滝 033-2q
実は「猿岩の名水」のブログで、聖長鉱山の写真は名水を汲みに行った日ではなかったのである。一日のコースとしては事実なのだが、「猿岩の名水」を汲んだ時に、あまりにもネタがないのに困惑して、それならば後日「聖長鉱山」の写真の補足を撮りに行こうと思い立った。しかし、それだけでは能がない、足を延ばして湧水「七美の清水」と「耀子(かかご)の清水」を汲みにいく事にした。

新たな詐欺メールが届きましたので紹介しておきます。
『先日はお打合せのお時間を頂まして誠にありがとうございました。
お話致しました前回のデータをお送り致します。

また何かございましたら私までご連絡お願い致します。

ご確認のほど、宜しくお願い致します。』

話を戻して、「七美の清水」と猿尾滝、それに「耀子の清水」と女滝を掛け合わせてのネタも考えての出発になった。
「七美の清水」は9号線の春来トンネルを抜けての八井谷集落に在るらしい。9号線の道路から比べると狭い集落の中に入り、まずは野良仕事をされていた30代位の女性に尋ねてみると、その様なものは知らないとの返事(?_?)まぁ女性の場合、どこかからお嫁に来られていたら知らないかも・・・と思い、別の人を探すにも、集落には人影がない(~o~)、同じ道を二周ほどしていると、20代位の男性が家から出て来られたので、尋ねてみると「子供の頃に行った事があるが、水が出んようになっている」との事だったが、とりあえず行き方を教えてもらい、行ってみると人家のはずれからは草ぼうぼうの車が通れるかどうかの道、再度最後に在った家に尋ねて行き、草ぼうぼうの道を行けば「七美の清水」が出ているのかどうか聞いてみると、家人曰く「春木トンネル」を掘ってから水脈が途切れたのか今は出ていないとの返事((+_+))
「七美の清水」は諦めて日本の滝百選に選ばれている「猿尾滝」へ行く事にした。
    猿尾の滝 045-2w
9号線に立派な標識が出ていたのですぐ分かり、右に入り
    猿尾の滝 048-2e
この道を走る事数分
    猿尾の滝 041-2r
駐車場に着いた。結構大きな駐車場で、観光バスも来るらしい\(^o^)/
    猿尾の滝 038-2t
茶店の横を歩いて渓流沿いを
    猿尾の滝 035-2y
登って行くと、左の支流から流れてくる滝への入口が見えてきた。
    猿尾の滝 032-2u
国定公園:日本の滝百選:名勝  猿尾滝
 この滝は、「猿尾滝ヒン岩脈」で形成された高さ60mの滝です。滝の景観が猿の尾に似ているところから猿尾滝となずけられました。
 ブナ・モミジ・サクラ・ケヤキ・マツなどの自然林との調和が美しく、春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅葉の滝、冬は氷壁の滝
にその姿を変えます。
 古くから妙見山名草神社の参道から仰ぐ美しい滝として知られており、村岡藩主山名公は「ソーメン流し」を楽しんだといわれています。
昭和43年3月29日 県指定文化財 名勝
昭和43年4月10日 国定公園指定
平成02年4月28日 日本滝百選
      香美町
『補足』滝を作っているのは日本海の拡大にともなって地下から上昇してきたマグマが固まってできた硬い岩石です。上段の滝の傍らには不動明王が祀られているほか、滝の中には、角度によっては、自然の石仏などのように見える模様が浮き上がり観光客の目を楽しませています。
遊歩道を進んで行くと滝の全景が
    猿尾の滝 018-2i
そして滝壺近くまで歩いて行くと
      猿尾の滝 021-2o
この時は水量がマアマアでしたので迫力もありました。上段の滝約40m
    猿尾の滝 022-2a
その滝壺からあるれ出すしぶき
    猿尾の滝 023-2s
弧の上段の滝壺まで登山道で登れるようですが、落石の為通行禁止のクサリがしてあり残念(~o~)
そして、なだらかな滑り台の様な下段の滝21m
    猿尾の滝 024-2s
満足!満足!で引き返すとき
    猿尾の滝 025-2f
夏場は子供たちが滑り下ると面白い様な渓流・・・きっと地元の子供たちは遊ぶだろう・・・と猿尾滝を後に
茶店の掲示板には
    猿尾の滝 042-2p
今年は申年:猿尾滝は日本の滝百選の中で一つだけ「猿」の名のついた縁起の良い滝です。
ご利益効果と健康効果があり、リピーターが多いいのが特長です。
との事ですので、感心のある方は是非・・・(^o^)/

9号線へ出て、今度は「耀子の清水」を目指して行くとすぐに
    猿尾の滝 088-2g
思いもよらない立派な案内板が目に飛び込んできた(@_@;)ビックリポンですわ
「耀子の清水」入口
広域基幹林道妙見蘇武線
妙見山方面
蘇武岳方面
右に曲がり道を登って耀子の集落に入る時、土建屋さんの車庫の上に案内板が取り付けてあった。
    猿尾の滝 086-2z
左:蘇武岳  右:耀子の清水  と書いてあり、村あげての街おこしの熱意を感じながら左方向へ進んで行くと
   猿尾の滝 055-2x
「耀子の清水」の現地に到着。とりあえず「イワレが書いてあるので読んでみた。
     猿尾の滝 053-2v
耀子の清水の由来:昔、当村では、生まれてくる子供の育ちがよくないという大きな悩みがあった。そこで村人はこの水に水神様(水速女命)「みずはやめのみこと」を祀り(文暦元年・1234年)産湯など子育てに利用した。また疫病(伝染病)が流行するたびに水神様に願掛けをして、病気の発生を最小限に止めたという。
その後、子は順調に育ち、村は栄えた誰いうとなくこの水を「耀子の清水」とよぶようになった。また水神様は、耀子社としてあがめられ多くの人々に信仰されてきた。清水は現在も、健康維持などのために多くの人々に(遠近をとわず)に利用されている。
   平成12年9月吉日    耀山区

との事で、ありがたい清水を頂く事に  (いただく前)
    猿尾の滝 052-2n
まずは水神様にお賽銭を入れて、汲みに取り掛かろうとすると、正面にこんなことが書かれてあった。
「清水が出なくなっております。大変申し訳ありません。原因は、地下のことですのでわかりません。水の神様にお願いするより他ありませんのでお許しください。  区長
「大変人情味のあるお言葉」・・・さてさて、どうすれば水が出て来るのかいな(?_?)
小屋の右にある四角い箱、これは貯水槽の様で、小屋の左にある大きなタンクから水が引かれてきている様子。
その大きなタンクの後ろを見れば、エスロンパイプがどこからか延びて来ていた。・・・という事は水源は別のところに在るようです。
と、周りを見ながら水汲む段取りをして、四角い貯水槽の左の短いエスロンパイプの出口が上を向いてそこから水が漏れている。
はてはて?この漏れた水を汲めと言うのかいな?と思いながら『どうしたもんじゃろのぉ』とひと思案
なんのことはない
    猿尾の滝 054-2z
左の短いパイプを倒せば水が出て来た。パイプが蛇口の代わりをしているのだった(@_@;)まぁ、これはこれで、よぉ~く考えているな~と感心しながらペットボトルに水を汲み出した。
その後、予定の女滝へ行こうと集落を走っていると
    猿尾の滝 087-2x
  耀山区見どころ案内
◎耀子の清水:これより右町道三百米にあり。古より子育ての水として有名。常温摂氏十ニ度。
古今、遠近を問わず多くの人々に利用されている。
◎東向の観音:陰暦大の月、三か月続く時詣れば思いが叶ふとして、昔より参詣人多い。
◎女郎が滝:高さ三十米の瀑布。古来より滄浪(あおあおとした)滝つ瀬として田畑を潤し、下流は谷入田川となっている。
◎桂の群生:平成二年に発見された。十八本が約百米の間に林立している。全国的にも珍しいといわれ、貴重な資源である。
◎畜産牧場:今でも存続する、県下でも数少ない牧場である。広さ二十八ヘクタール余りある。夏場は近隣農家の牛を委託飼育している。
とかかれてあった。
女滝と思っていた正式な滝の名前は「女郎が滝」であった。猿尾滝とで夫婦滝と言われているそうです。
    猿尾の滝 062-2c
滝まで登ってきました。ここで間違いの訂正しま~す・・・「女郎が滝」→正解→「女郎滝」でしたm(__)m
    猿尾の滝 060-2b
流れに艶が有り「女郎滝」の名が付いたとの事、現地で見た女郎滝は、・・・ん、ふつうの滝
写真を見ていると、うむ・・・なかなかいい滝ダンべと思えてきた。
ここまで来たので、いっそうのこと「高原牧場」や「林道妙見蘇武線」の行けるとこまで行くことに
   猿尾の滝 080-2m
広~い牧場に但馬牛が2頭、その周りをなぜか電柵が
    猿尾の滝 079-3q
クマ避けなのか、脱走防止なのか・・・林道から眺めた牧場
   猿尾の滝 076-3w
展望小屋
   猿尾の滝 074-3r
その近くには、蘇武山登山口
    猿尾の滝 067-3t
そのうち霧か?雲か?・・・
   猿尾の滝 069-3i
あたりが見えなくなってきたので退散したというお話でした。

「耀子の清水」の独断と偏見の水評価は、清廉な感じがする美味しい水で、京都の「貴船の御神水」を思い出しました。
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_-)-☆
詳しい場所は
   

スポンサーサイト

NO202:養父市市場の「猿岩名水」

   猿尾の滝 005-1q
友達が整体店を開いている、朝来市和田山に着いて電話した所、自宅からお店に向かっている途中との事で、今回2ヶ所天然水を汲みに行く予定を繰り上げて、水を汲み終えて友達のお店に行く事にして水汲みに行った。
1ッヶ所目は聖長鉱山に湧き出ているという「聖長の水」と、猿岩石ならず「猿岩清水」という所。
和田山から遠いい所の「聖長の水」から探しに向かった。場所は9号線の近く、養父市八鹿町高柳に在るという。
高柳付近の9号線を走っていると、山の裾野にそれらしき建物が見えた。
   猿尾の滝 016-1w
場所に似つかわしくない建物、鉱山の社宅か、その奥の山の中にも変な建物・・・偵察に向かう事にした。近寄って見ると山側の建物に聖長の大きな字が見えた。情報では、仕事が休みの日曜日しか水はもらえないとの事、今日は日曜日、
   猿尾の滝 015-1e
坂道を登って行くと
   猿尾の滝 010-1r
行き止まりの広場に着いた。途中、鉱石置き場に残っていた石
     猿尾の滝 012-1t
日本滑石製錬株式会社と言う名前なので、聞きなれない鉱石「滑石」をググってみた
珪酸塩鉱物の一種で別名英語名で「タルク・talc」とも呼び、用途としてチョーク、ベビーパウダー、漢方薬にも使用されているらしいが、アスベストを含有する場合もある。好物の中でも硬度の一番低い部類に入るとしてあり、帰って来ると靴の裏に鉱山の片割れがベットリと白い物が着いていた。
広場には
   猿尾の滝 001-1y
途から見えていた建物がありました。車を下りて「聖長の水」を探しに
   猿尾の滝 002-1y
この広場にはナイ、そこでトロッコのレールが上に伸びていたので登ってみる事に,
猿尾の滝 003-1u
右側はトロッコの車庫の様であり、湧き水のカケラモ見当たらない。左の方は
   猿尾の滝 005-1q
トロッコの線路が伸びているので行ってみると、今回のトップに載せた写真、つまり作業小屋が見えた。今日は日曜日なので作業は休み、恐るおそる小屋を訪ねてみると、さらに線路が奥に引いてありソコには
   猿尾の滝 006-1o
第五○と入口に書かれた坑道が鉄の格子で閉ざされていた。その右下には坑道から水を流しだす側溝が作ってあり水が流れていたが、情報ではパイプから湧水が出ていたのでこれではナイとその周辺を探したがそれらしきものは無く、いっそうのこと坑道から流れ出ていた水を汲んで帰ろうかな・・・・・と思ったが、もしや鉱毒が混ざっているかもと思いあきらめて引き返す事にした(~o~)
車で引き返していると、パイプのようなものが見えたので、止まって近づいてみると、
    猿尾の滝 014-1p
お知らせ:水源の湧水量が減少したため、聖長の水の供給を平成24年1月1日より中止致します。
           平成23年12月31日   聖長鉱山
という看板が出ていた。((+_+))
諦めて、次の「猿岩明水」へ向かう事にした。それにしても「聖長鉱山」見るからに今にも潰れそうな(失礼m(__)m)雰囲気が漂う鉱山、現実に鉱石を掘り出しているのはこのようなモノなのだろうか(?_?)、もっと活気ある仕事場をイメージするのだが・・・

またまた詐欺メール、公開しておきます。
「   ご依頼ありがとうございます。
以下の内容で受け付けました。

■お受け取りご希望日時 : 08/18日 (木) 12時から14時まで
■伝票番号 : 2300-7382-5024

<お問合せ先>
ヤマト運輸株式会社
お客様サービスセンター」
尚、内容には心当たりがありません。

一路「猿岩名水」を求めて9号線を引き返し、養父駅めがけて県道271号へ入って行き知らぬ間に地図では県道255号へ変わっている細い道に入って行った。情報では踏切の近くと書いてあったので線路に沿って走っていると、
   018-1q.jpg
養父駅が出て来て、さらに進むと
   008-1q.jpg
踏切が出て来て、そこの電柱に「猿岩」と書いてあったので場所は確定(*^^)v 踏切を写していると
   009-1w.jpg
列車が走って来たのでハイパチリと撮りまくり(*^_^*)そして列車は行っちゃいました。
   010-1t.jpg
写真の右手に車一台通れる急坂の道がありましたので、とりあえず登ってみる事に・・・ズバリ
   007-1u.jpg
早速「猿岩名水」を頂く事に
    002-1i.jpg
エスロンパイプからはチョロチョロと水が出ています。何処から出て来ているのかな~と思いながら入れ終わり、チョイトこの狭い道は何処に続いているのかいな(?_?)と、何時ものスケベ根性がモリモリと・・・さらに上へ登って行く事にした
   004-1o.jpg
左の立札には:告「この通路の一部が私有地で有ります。お知らせします。地権者」と書いてあるのでなおさら関心が湧いてきた。
で、その道を登って行くと、な!なんと!!
   012-1a.jpg
墓場だった((+_+))・・・一応写真に収め、祟りがないように手を合わせておいた。
さらに道は続き、登って行く道中には
   015-1s.jpg
四体のお地蔵さん、何か意味が有るのかな~と気をそらしながら、さらに上を目指して進んで行くと鎖で道が封鎖
    013-1h.jpg
一般車通行禁止:これから先は、許可なく車両や歩行者の通行を禁止します。
無断で通行して事故等が発生しても一切の責任は負いません。  管理者 養父市森林組合
当然法令順守の?吾輩はここで断念(ー_ー)!!  Uターンしていると偶然発見
   014-1f.jpg
こんな水もないところに貯水槽らしき物が、アハァ~ん・・・猿岩名水はここから引かれていたのか・・・な?
と自分なりに納得して下って行くと
   016-1d.jpg
後程調べた養父小学校が下界に見えた。このようなモノが見えると、気持ちはホッ・・・とする。
「猿岩名水」の場所まで降りて来た時
   005-1g.jpg
山陰線を元気よく特急が走って行った。・・・・・おわり

「猿岩名水」の水評価は、ちぃ~と名水の言葉には足らない感じ
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v でした。

詳しい場所



  

プロフィール

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR