NO193:ラドン含有「東山名水」(酷道429号の旅:そのⅤ)

   IMG_0871-4w.jpg
後山から志引峠(しびき)を超えると兵庫県、峠から眺めた様子
    IMG_0857-4q.jpg
麓に下りてくる時、タタラの遺跡跡の記念碑が
  IMG_0859-4r.jpg
   古代製鉄(たたら)の神  
     金谷子神
降臨の地   岩鍋
平成4年   千種ライオンズクラブ
本来は現地まで足を延ばすのですが、今回は先を急ぐ為パス、代わりに案内板を
    IMG_0860-4t.jpg
 たたらの神様        金谷子神降臨の地
 岩野辺の人々はここを「山の神」と呼んで神聖地してきた所です。
元来岩野辺の縁故地であり、周囲の山々と同様に一反五畝歩の分割地として個々が管理しています。
 谷川に面した所に桂の老木が茂り、根元に小さな祠がお祀りしてある、人々はこれを「金谷子さん」と言って、丁寧に扱いお祭りしている。
 特に出雲地方の人々は「我々の元祖だ」。「ルーツはここか」。と言って今でも一年に二組や三組は見に来たり、お参りしています。
 出雲の旧広瀬町「金谷子神社」の祭文(のりと)によると、高天原から最初に地上に降臨した所は播磨国志相郡岩鍋という所で、
「我らは民草を救い、天皇を助ける為に天降りをした。今から鍋作りをするので、よく見習うように」と言って、近くの岩を砕いて鉄を採り出して、鍋釜を作っていたが、「ここでいつまでも居る訳にはいかない。西の方の人が私が行くのを待っているから」といって白鷺に乗って出雲に至り西比田という所の桂の木に止まっているのを村人が見つけ、そこに住居となる大きな社を建て、村人と共に鉄を取り鍋釜を作り豊かにくらしたということが書いてあります。
 最初の降臨した所で、岩を砕いて鍋を作ったところから「岩鍋」という地名をつけた。と岩野辺の元の地名が「岩鍋」であったことも書いてあります。
 尚、金谷子神の祠はこれより奥2,2㎞の地にあります。
                         (文責者 上山明)
  平成25年設置                岩野辺自治会
兵庫県に入ると、こんな道も
   IMG_0858-4w.jpg
立派な鳥が乢トンネルも
    IMG_0862-4o.jpg
進みながら若桜街道国道29号に出る前に
   IMG_0863-4u.jpg
波賀城が山のてっぺんに
    IMG_0864-4i.jpg
今は波賀城史跡公園となり、城郭も「波賀城学習資料館」として再建されたものらしいデス。間もなく若桜街道国道29号線へ
   IMG_0865-4a.jpg
国道29号線と国道429号線の複合ルートになり、29号を北上する事約800m
    IMG_0866-4s.jpg
朝来へ向けて29号から分岐、兵庫県ではこの区間の429号標識が見当たらず・・・見落としたかも(?_?)
一部狭い所があった酷道429号線もまだまだ国道らしい街道が続いていました。
   IMG_0867-4h.jpg
429号を走っていましたら
     IMG_0868-4g.jpg
イボ石が、とりあえず面白い石かな~と思い写真を写してきましたが、説明されているブログが有りましたので紹介しておきます。最近越前地方に出向いていたら、このような石に出逢い、後程(越前水紀行その時)紹介しますが、このような石にはイボを取る成分が含まれて入るのかな~と思います。検索掛けていたら「ラドンとイボ」の項がありましたので、何らかの関係があるのかも、そのラドン(放射能)を含んだ名水が、その先の脇道を登って行ったところに在る、「東山温泉メイプルプラザ」敷地内に有ると看板が立ててありそちらに車を向けた
   IMG_0880-4f.jpg
駐車場の道を隔てた所に「東山名水」の自動販売機が設置されていた
    IMG_0876-4g.jpg
その横に、名水が掘り出された経緯が書かれていました
   IMG_0877-4l.jpg
東山名水:この名水は、平成2年「東山泉源開発事業」として、京都女子大教授 桂 京造氏の現地調査、指導を受けながら泉源調査を進め、良質泉を発見。山の斜面を温泉ボーリングし、泉源獲得に成功しました。
 兵庫県衛生研究所温泉分析の結果、泉質はラドン含有19,8マッへと、温泉法基準(5,5マッへ)の3,6倍、療養泉基準(8,25マッへ)の2,5倍のラドンを有する極めて良質の冷鉱泉で、温泉はセッシ11,6度であります。

療養泉分類の泉質に元づく浴用の適応性は、神経痛・慢性消化器病・高血圧など21種。飲用の適応性は、痛風・慢性胆のう炎・神経痛などの7種にのぼります。
    【年中無休】 以上 上の林野委員会
と書いてあり、早速入れようと準備をすると、その横に源泉の地図が 
    IMG_0878.jpg
やはり汲む水は出来立てがよろしいと・・・そちらの方へ
   IMG_0875-4x.jpg
こんな道を数分走ると
   IMG_0872-4c.jpg
それらしき小屋が見えて気まし。
    IMG_0870-4v.jpg
ここの販売機も小分けにして出す事ができ便利でした。成分表も
   IMG_0874-4n.jpg
主なものを書き出すと
単純弱放射能冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
飲用の注意事項
(1)飲用療法に際しては、温泉について知識を有する医師の指導を受ける事が望ましい。
(2)温泉飲料の一回の量は一般に100mlないし200ml程度とし、その一日の量としておおむね200mlないし1000mlまでとする事。
(3)以上のほか、飲用については次の諸点について注意すること。
ア、食後飲用すること  イ、夕食後から就寝前の飲用はなるべく避ける事が望ましい。

そして、小屋の横には
   IMG_0873-4b.jpg
源泉井戸らしきものが、この井戸は( 温泉ボーリングでは珍しい水平掘りによって冷泉の試掘に成功したものです)珍しい物だそうで、東山温泉にもこの水を使用しているそうです。
吾輩は、4本入れて帰ってきましたが、注意書き通りに飲んでないのでどうなる事やら・・トホッホッ((+_+))
・・・で、元の酷道429号線の旅を進めた。

独断と偏見の水評価は、ラドンを含んでいる事からか、今まで飲んだ事のないコーヒーの味に仕上がた。微妙な味でありました。
(^_^)v (^_^)v (^_^)vにしておきます

詳しい場所

    

スポンサーサイト

NO192:霊山後山「愛の水」(酷道429号の旅:そのⅣ)

   IMG_0842-3d.jpg
だいぶ兵庫県に近づいて来ていますが、岡山県内最高峰と云われる後山をひと山越えて行かなければならず、走っていると名水の看板「愛の水」が目に留まった。これは行かなくっちゃ・・・と、脇道へそれて行った。
   IMG_0839-3h.jpg
宮本武蔵の里を引換し、国道373号と429号の複合区間になっている大原市街から後山方面429号に入り、
   IMG_0840-3j.jpg
遠く、雲が垂れて見えない後山の峠を越えれば兵庫県に!!
で、峠の途中「後山登山口」からメルヘンの響きに誘われ登る事数分、このようなお堂の下を通り
   IMG_0854-3k.jpg
女人禁制後山・行者山道仙寺:女人堂・・・・と
   IMG_0855-3l.jpg
 護摩堂を管理する延命山道仙寺は、役小角が開基されたと伝えられています。
 この護摩堂では、9月7日と8日に道仙寺の大護摩法要が行われ、近県一円からの参拝客で大変賑わいここから行者山 奥の院までの2kmの山道を修験者達が行をしながら登って行きます。
 奥の院は、一三〇〇年前頃から女人禁制で、女性は途中にある女人堂までしか登れず、ここで参拝をすませます。
されに登って行くと、ハイカラな建物が見えてきた。
   IMG_0844-3z.jpg
IMG_0841-3z.jpg
給水施設でしたが、どうも訳有りな様子
「愛の水」にまつわる顕彰碑が駐車場に立っていましたので
       春名泰志顕彰碑
 東粟倉村農業協同組合長当時後山、山麓から湧き出る伏流水の美味しさに着目(愛の水)と名付け水汲み場を設置され多くの利用者で渋滞と混雑が起こり東粟倉村の支援を取り付け、平成十一年同志を募って「愛の水株式会社」を設立、給水施設を整備来訪者の便宜を図った。一方特産物販売で愛の水を岡山県南はもとより阪神方面まで運んだと同時に地元産もち米と清水を使った和菓子と餅工房も開設これらの施設の雇用の増加、地域は活性化し知名度も向上した。ひとえにあなたの先見性運営手腕の賜物、その功績を称え顕彰碑を建立する。
というもの、岡山県側の後山のあちこちに「愛」を使った設備が・・・

吾輩が給水所に着いた時には、水を入れられていた・・・買われていた、といった方が正しいのかも、
100円で20リッターも出るのですが、吾輩はペットボトル2本分しか入れないので多すぎるのだが仕方がないかな~と思いながら百円を入れた。
ここの給水機は気が利いていて、三回に分けて出すことができたので小さい容器に入れる人には便利であります。その上、バケツが置いて在り便利でしたが、吾輩は1回分で水入れは終わって、残りの2回分はそのまま、後から来た人が喜ぶかなと思いながら、もう少し登ってみようと車を進めると、水汲み場が作ってあるではないか(~o~)ここは無料の様子
    IMG_0850-3v.jpg
でも、吾輩は心が大きい、地元に貢献するのも必要かと・・・自分に言い聞かせて・・・・・
後山の散策へさらに登って行きました。
IMG_0849-3b.jpg
駒の旺山荘の看板が目に付き行ってみる事に
   IMG_0848-3m.jpg
今は何もないブナ林の中、新緑・紅葉さぞかし気持ちが良いだろうな~と思いながら登ってみると
   IMG_0847-3n.jpg
立派な山荘が見えてきた。HPから
どうもこの近辺は駒の尾山の山麓に入るらしい、後山から続く連邦の一角で登山ハイキングコースになっている。
用は無いのでUターン、その他
    IMG_0845-3m.jpg
山の中には似合わない「東粟倉おもちゃ村」というトコらしい・・・・みんな村の活性化で頑張っている!(^^)!
で、先に進まなければと、後山を後に
   IMG_0856-3qq.jpg
ここで国道429号の岡山県側はこれで終わり、兵庫県へと入って行きますが、岡山県側の429号線は立派な道路が多く、一部美咲町付近の旭川ダム湖畔を通っている道筋が酷道と言えるが、ここも現在迂回路を建設中で、間もなく(と言っても1年以内では無理)国道にふさわしい道路になるでしょう。

で、「愛のみず」の独断と偏見の水評価は、さらにうまい水を飲んでいるのか、コーヒーでは特段美味しかったとまでは言えず
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vでした 

詳しい場所


NO191:武蔵も飲んだ「壱貫清水」(酷道429号の旅:そのⅢ)

   IMG_0815-2q.jpg
総社市を後に吉備中央町へ向けて走り出した。途中寄り道をして宮本武蔵の生誕地に在るとされている「一貫清水」を頂いてくる予定で進んで行った。
次第に山間部に入って行きます
   IMG_0799-2w.jpg
まだ国道らしい道路が続いています。時より立派な交差点も現れてきます
   IMG_0801-2e.jpg
岡山県を横断している旭川を咳止めている旭川ダム湖の為、ダム湖にへばり付いた道になっています
   IMG_0804-2t.jpg
この道を避けるために
   IMG_0802-2r.jpg
江与味第一トンネルさらに第二トンネルも出来ていますが、現在工事中で行き止まりでした。ダム湖沿いに進み
   IMG_0803-2i.jpg
津山方面へ旭川から離れて行きます。(津山・真庭← →岡山・倉敷)
そして、国道53号へ合流して重複国道となる津山市内
   IMG_0810-2u.jpg
国道53号と179号に429号の三つ巴国道の津山市内、この近辺で市内らしい町並みでした。
津山から東へ進む429号、やがて美作市地域へ
IMG_0813-2a.jpg
標識には、美作市街と書いてありますが、市街は方向違いで、429号は宮本武蔵の生誕の地大原へと別れて行きます。
   IMG_0814-2s.jpg
ここから、429号から別れて生誕の地へ、田圃の中に異様なドームが見えたので行ってみると
   IMG_0816-2d.jpg
宮本武蔵顕彰 武蔵武道館と・・・おそらくNHK大河ドラマの「musashi」が放映された事がキッカケで新築されたのではなかろうか、

 『2016年4月14日PM21:26に発生し、未だ余震が続いている熊本を中心とする被災者の方々にお見舞い申し上げます。
何時もの事ですが、私が何ができるのか考えた時、無理をせずに自分のできる事をするという事が私のポリシーでございます。人は助け(支え)合って生きていると思っていますので、この地からは落ち着いた時点で考え、行動していきたいと思っています。命を大切に!』

   IMG_0822-2z.jpg
そして、宮本武蔵の生誕の場所へ、標識が見当たらずグルグル回りしてやっとの事で到着、その間には、智頭急行智頭線の駅の名前が宮本武蔵駅なる処とか、地元の方が作っておられた小便小僧
   IMG_0820-2c.jpg
宮本武蔵とお通の里とか、そして、鎌坂道の入口の鳥居?の前に在る
   IMG_0821-2x.jpg
たけぞう茶屋で、丁度腹が減っていたので、腹ごしらえをを兼ねて情報を仕入れたり、求める「武蔵も飲んだ一貫水」は鎌坂道を登って行けばある事が判明!(^^)!その前に
   IMG_0823-2v.jpg
                       宮本武蔵生家
 宮本武蔵の生家は約60メートル四方のここ宮本の構にあり大きな茅葺の家であった。昭和17年に火災に遭い現在の瓦屋根となったが、大黒柱の位置は昔と変わらないと伝えられている。
 武蔵は天正12年(1584年)に生まれ、父を平田無二(無二斎)、祖父を平田将監といい、両人とも十手術の達人であった。こうした武術家の家に生まれ育った武蔵は幼少の頃から武術にたけており、十三才の時、播州平福で新当流有馬喜兵衛に勝ち、それ以後諸国を巡って剣の道一筋に練磨し、二十九歳で佐々木小次郎に勝つまで生涯に60余度の勝負をし一度も負けていない。武蔵は剣の流儀を二天一流と称し、その兵法を五輪書、兵道鏡に残した。また、書、絵、彫刻、工芸を好み禅の修行を重ね「枯れ木にもずの絵」等、今日重要美術品とされている数々の作品を残して、正保二年五月(1645年)熊本の千葉城にて六十二才でなくなり弓削の里に葬られた。
                      美作市
もう一つの武蔵に関する逸話
武蔵の父無二斎は、兵学の指南役という身分柄、暮らし振りは豊かでしたが、生母は武蔵を生んだ後に亡くなり、その後迎えられた養母も離縁されて播州佐用郷の士へ再縁。武蔵は、九歳の時、再婚した養母の元へと出家するが、父の追手によって連れ戻される。
 無二斎は幼少の武蔵に得意の十手を教え込み、厳しく育てたが、当時から体格の良かった武蔵は近隣きっての暴れん坊に成長する。
ということらしい。生家は見て来なかった((+_+))
で、門構えの中を通り抜け鎌坂峠へと進んで行った。入って間もなく武蔵神社なるモノが
   IMG_0836-3q.jpg
武蔵神社とは  
      IMG_0835-3w.jpg
 郷土の生んだ剣聖宮本武蔵を祀る神社として、昭和46年4月奉賛会がその趣旨に賛同された方々からの浄財によって、天王山の平田家の墓地の近くに建立した。
 境内には武蔵の好んだ中唐の詩人白楽天の詩の一句「寒流帯月澄如月」が刻まれた戦気の碑があり、また、厳しい朝鍛夕錬の修業によって兵法を究めた武蔵が、その一生の自戒自誓の処世訓とした「独行道」を刻んだ碑もある。
 ここ武蔵神社は後世にわたって、武蔵の徳を慕う人達の心の聖地である。
                    美作市
境内に入って石段を上がって行くと
    IMG_0838-3t.jpg
簡素な社殿が有ります。その一段右下には
    IMG_0837-3y.jpg
右に、武蔵の両親の墓(平田無二・・無二斎 お政) 左に武蔵の墓が祭ってありました。

神社を下り、さらに峠に向かって進んで行くと
   IMG_0832-3u.jpg
本位田外記之助墓墓と書いてあり、何者かと思いきや、横にその由緒が書いてあった。これも当時の風情が偲ばれる内容なので
   IMG_0831-3i.jpg
 天正17年(1589年)竹山城主新免伊賀守宗貫の家中に小ノ谷城を預かる家老本位田外記之助がいた。城主宗貫が宿意を持ち、平田無二斎に外記之助を討取るよう命じた。無二斎は外記之助が武功忠戦の者でありまた無二斎とは師弟の間柄でしたので再三辞退したが許されず遂に討果たした。ここに本位田外記之助を葬り上意討にあった為墓石に文字を刻まなかったという。一方無二斎は「家中より妬み申すにつき引き込む」とある。
そして、さらに峠道を登って行くと
   IMG_0828-3o.jpg
鎌坂峠の湧水は、昔から今も脈々と今も湧き出ていました。名前が「壱貫清水」・・・そのイワレが
     IMG_0827-3s.jpg
 この清水は山陰山陽連絡の因幡街道の鎌坂峠の八合目あたりで年中変わらない冷たい水が湧いている。旅人が立ち寄り喉を潤し「ほんに一貫文の値打ちがある」(一両は四貫)と云って峠を越していったところから壱貫清水の名がある。参勤交代の鳥取藩主は、峠茶屋でこの清水を金の茶釜で沸かしたお茶で休息をとり峠を越していった。
また武蔵も、ふる里を後にする時、竹馬の友、森岩彦兵衛と別れを惜しんで飲んだのもこの壱巻清水である。  美作市
   IMG_0825-3a.jpg
吾輩も頂いて鎌坂峠は越さずに引き返して行った。
『吉川英治の小説「宮本武蔵」で中山峠と記されている峠は、兵庫県の鎌坂峠を含んだ峠であろうと思われる。武蔵は、関ヶ原の戦いから帰郷する時も、また、お通とともに宮本村を出て行く時にもこの鎌坂峠を通っている。
 宮本村を後にする時、武蔵は、ここで「おれは生きたぞ」と強く思い、同寺に「これからは生まれ変わるのだ!」と信念している。』武蔵ゆかりの地:鎌坂峠の件から

そして、さらに酷道429号の旅は続いて行ったのであった。

壱貫清水の水評価は、まぁまぁといったところでした。
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v

詳しい場所


   
  

NO190:「菊水の井戸」(酷道429号の旅そのⅡ)

    IMG_0781-1h.jpg
まだまだ行かなければいけないので、長良山の谷間の道を抜けて長良集落へ
   IMG_0786-1j.jpg
家並に入るまもなく、
IMG_0780-1z.jpg
立派な「菊水井戸」がすぐ見つかった。
直接井戸からは水は汲めませんでしたが、横に蛇口が設置され、水汲みに来る人の便宜も考えてありました。
   IMG_0784-1x.jpg
             菊水の井戸
 左にある歌碑の歌は正応元年(1288)伏見天皇の即位に当って行われた大嘗会の時に詠まれたものです。ここに詠まれた「菊の下水」は、この井戸「菊水」であると伝えられています。
 また、「菊の下水」と題した足守六代藩主木下きん定が撰した謡曲もあり、上林の「松井」「白井」とともに総社「備中」の三名水といわれています。
   IMG_0785-1c.jpg
「汲む人の よはいもさそな 長月や 長良の川の 菊の した水」と書いてあるらしい・・・^_^;
    IMG_0783-1x.jpg
正面には神社もあり、井戸を祀っている神社かも(?_?)
井戸水ももらい、次に進む事に、農道を走り再度総社バイパスに戻り、岡山自動車道、岡山・総社ICへ向けて走って行くと
   IMG_0787-1v.jpg
国道180号の標識の下に429号の標識が付けてあった。という事は、この総社バイパスは国道の重複区間という事になる。データーでは、起点から終点までに重複する区間が数か所あるそうだ。
この自動車道を抜けてすぐ位に、変わった名前の神社があった。
   IMG_0791-1b.jpg
矢喰神社(やぐい)と呼ぶらしい
御祭神:吉備武彦命
後に天満宮を合祀したので矢喰神社、又は矢喰天満宮と呼んでいる
創立年代不詳
吉備津宮縁起によれば、第十代崇神天皇の時百済の王子温羅(うら)と言う者があった。両眼大きく毛髪赤く頬骨強大、身の丈抜群その性勇敢腕力絶大常に仁義を守らず、日本を狙わんとする志があった。
本朝に来たり諸州を广覧する内、遂に吉備の国新山(よしやま)(後方の山)に登った
この地方の勝れたるを見てこの所に大門を起し、城壁を築き矢倉を立てて城郭となして居を構え、時には西国より帝京に送る貢物を奪取した。近里に往来して人民を悩乱せしめた、時の人この城郭を鬼の城と稱(となえ)し恐れた。
天皇勅して大吉備津彦命を派遣して之を征伐せしめられた。
即ち彦命は兵数千を率いて東の方吉備の中山に陣し、西の方は日畑西山(楯築山)に出で石楯を築き甲兵を引きい鬼の城へ向かい高羅と戦った
彦命、矢を放てば温羅の矢と空中に噛合い海中に飛び入る。
其の所に宮を建てて、矢喰い宮と云った。之が今日の矢喰神社である。
彦命再び千鉤の矢に大矢二筋を番(つか)え発したところその一矢は喰合って前の如く海中に飛び入ったが、他の一矢は温羅の左眼に命中した流血で流水の如くであった。その所を名ずけて血吸川と云う。
是に於いて温羅は雉となって山中にかくれたが、命は鷹と化して之を追うた
次には鯉と化して血吸川に入ったので、命は鵜と化して噛んで之を揚げ、その所を名づけて鯉喰宮と云った。(南東2キロにあり)
温羅、遂に錘旗を垂れ鋒刀(ほうとう)を棄てて降ったとある。
以上は吉備津彦命にまつわる物語でこの地方に昔から語り伝えられている伝説である。
左側の砂川が血吸川で血吸石がある。当時この辺りは海であった。
                    高松観光協会
   IMG_0790-1c.jpg
郷土記念物:矢喰の岩
   IMG_0792-1x.jpg
この岩には、吉備津彦命と鬼神温羅にまつわる伝説の中で「吉備中山に陣取る吉備津彦が射た矢と鬼の城に居た温羅が投げた岩とが空中でかみ合い落下した」といわれをもっている。
この矢喰神社は、吉備路のほぼ中央部、血吸川に沿った水田地帯の中に位置し境内に有る大小5個の花崗岩から成るこれらの岩は古くからの伝説とあいまって地域の人々に親しまれている。
                   岡山県
ここに書いてある血吸川をググってみると、矢喰神社の横に今も流れているようである。この川を溯ると「鬼ヶ城」とか「温羅の遺跡」とかがあります。それで、たしか桃太郎伝説は岡山県吉備地方の話であったと思い出し調べてみると、やはり、昔話「桃太郎」の原作となったみたいです。
そして吾輩は、429号を求めて出発して行ったのでございます。
    IMG_0797-1n.jpg
重複していた180号は岡山市内へ、酷道429号は岡山県の山の中吉備中央へ、吾輩はモチロン429号へ入って行ったのでした。

「菊水の井戸」の水評価ですが、まぁ普通の井戸水と言ったところでした。この近辺は瀬戸内海という事もあり雨が少なく、昔から水が大切にされてきた地方という事ですね
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v
詳しい場所は
プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR