NO157:父子不動の滝公園の「不動の清水」又の名「滝水ひめ」

     おおい町湧水 093-pp
再度「大飯高浜インターチェンジ」のある地区まで戻ってきた。三ヶ所目となる所は、父子(ちちし)地区に在る不動の滝公園内にポンプで汲み上げた天然水が有るという。またの名を「滝水ひめ」と言い、大飯町特産品としても販売されているらしい。


 

続きを読む

スポンサーサイト

NO156:慶雲寺まえの「命取の水」

おおい町湧水 084-x
「命取の水」(めとりの水)
「死ぬ前に一口飲ませる最後の水」の事を言うらしい・・・水汲みに回っていると、たまに地元の人から「この水は・・・」という事を聞く事が有りますが、湧き水にそのものの名前が付いているのは初めてでした。
今回から書き方を発展させます(^_^)/~
  ↓

続きを読む

NO155:旧名田庄村の「蓮如上人の杖の水」

   おおい町湧水 003-q
今回は、大飯原発のある町おおい町に在るとされる三ヶ所の湧水めぐりに行ってきましたが、道中思いがけず珍しいイベントに遭遇してきました。
旧大飯町が一ヶ所、旧名田庄村が二ヶ所の予定で出発。例の如く京都縦貫道から舞鶴若狭道に入り、大飯高浜ICで降りる。
このICから降りた近くに旧大飯町の湧水を汲む場所が在るのだが、帰り際に尋ねるとして旧名田庄村へ行く事にした。
この名田庄村、国道162号線周山街道縁に在る村なのだが、平成の合併で「おおい町」となったのだが、普通考えれば小浜市と合併するのが妥当と思うのだが、財政豊富な?おおい町となったのかなと思える合併の内容に見えてくる。それはさておき、旧名田庄村へ行くには、大飯高浜ICから県道16号を通り石山坂峠を越えて旧名田庄村へと入って行く。
以前通った時は、狭い峠道だったと記憶していたが、ソノ峠を目指して入って行くと何やら騒がしい
   おおい町湧水 052-e
通行止めのお知らせ   JAF公認ラリー2015  
実施中の関係者以外の安全確保の為、この先は関係者以外立入禁止になります。
6月6日(土)6:00ヨリ 6月7日(日)17:00マデ 福井県
ご協力の程お願いいたします。   主催者 モータースポーツクラブ  シンフォニーオブ京都
という看板が立ててあって、警備員がいたので聞いてみるとラリーがこれから始まるとの事、入っても良いかと尋ねると邪魔にならない程度ならOKとの事だったので、歩いてスタート地点まで行ってみた。
   おおい町湧水 001-r
登って行くと、スタート地点で一台のラリー車がエンジン調整をやっていた。吾輩も嫌いな方ではないのでしばし観戦をする事に
   おおい町湧水 006-t
インプレッサを見送り
   おおい町湧水 009-y
ランエボⅩの出発から~
   おおい町湧水 010-u
そして、かわいィ~外車も
   おおい町湧水 017-u
FIAT社のぺルラ500というらしい
   おおい町湧水 018-i
そしてこちらは、トヨタとスバルの共同開発の
   おおい町湧水 042-f
TOYOTA86、横から見たらかわゆ~い 痛車というらしい
   おおい町湧水 043-g
こちらはSUBARU BRZ
   おおい町湧水 044-s
はりきって出発
   おおい町湧水 045-d
何時までも見ていられないので、旧名田庄村に向けて出発
  おおい町湧水 087-h
県道16号が改修され立派な、まるまるループ橋を回って峠を越えて走っていると、先程出発した車が帰って来るのと出会った。
何処を走って来たのか、後程探したラリーコースふるさとSS2/4/12コースです。
で、こちらは迷いに迷って、やっとの思いでたどり着いた「蓮如上人の杖の水」の現場
   おおい町湧水 054-d
「蓮如上人とは」貼っておきます。
国道162号から少し入った小さな集落の光久寺の入口の前に
   おおい町湧水 056-g
貯水槽が作ってあり大事に保存されている様子
   おおい町湧水 053-h
蓮如上人が杖を立てると水が湧いてきたという伝説のある湧水 汲む準備をしていると、そこにスクーターで地元のオジサンが通りかかり「昔はこの集落の生活用水として利用していたが、上水道が整備されて使わなくなり、水も湧くのが少なくなってきた」と説明してくれました。「今でもお寺の奥さんが週一度掃除をされている」との事、お寺「光久寺」のお寺の家紋?にも「水」のマークが、石段の奥の土蔵にそれが・・・分るかなぁ~
貯水槽付近
   おおい町湧水 055-f
そして、「光久寺」へお参りして次の「命取の水」の地へ移動して行ったのでした。
   おおい町湧水 057-z

「蓮如上人の杖の水」をコーヒーで飲んだのだが、貯水槽の底に溜まっていた泥のようなものを見ていた事もあり、先入観でコーヒーの香りのなかに泥の臭いがしているような気持ちも手伝ってか、今一の味で期待外れであった。
で、独断と偏見の水評価は
(~_~;) (~_~;)デスタ   
詳しい場所は
   
   

   

    

NO154:清和天皇産湯「瀬和井」

   P1010014-a.jpg


今回イオンモール京都桂川のイオンシネマに「駆込み女と懸出し男」おもしろそうだったので行ったついでに「大原野神社」で頂いてきた名水「瀬和井」(せがい)をお贈りします。
   かけだし-b
内容は大体想像していた域を出ず、もう少し波乱のある展開を見せて欲しかった。チョットチグハグな所もあり、不完全燃焼で終わってしまった。
それにしても、イオンモール京都桂川の規模の大きい事大きい事、奈良県境に在るイオンモール高の原に匹敵する大きさデス。
それはさておき、この近辺の水汲み場を探すと結構あるのだが、なぜかな名前を聞いた事ある「大原野神社」に行く事にしていた。
京都には、大原という地名もあり、市内を中心に対角線といっていい程の所に位置する地域である。

地図で見ると10分も有れば着く距離であったが、賢いカーナビ君はこんな所を案内してくれた
   P1010001-b.jpg
やっとの思いで到着した。
駐車場のオジサン曰く、「瀬和井」は飲める程湧き出していないとの事、まぁ来たのだから行って見る事に
   P1010003-cc.jpg
官幣中社 大原野神社
P1010004-da.jpg P1010005-e.jpg
左の立札は読みにくいので、右の案内板から
       源氏物語ゆかりの地  大原野神社
 桓武天皇は長岡京遷都に際し、藤原氏出身の皇后のために、大和の春日社の分霊をこの地(平安京西郊 小塩山東麓)に勧請したことに始まり、平安時代に入って文徳天皇が外祖父、藤原冬嗣の念願をうけて神殿を建立、地名にちなみ大原野神社とした。
 当社は藤原氏の氏社として、斎王にならい藤原氏の子女を斎女として置いた。藤原氏の皇后や中宮の参詣が多く、紫式部も中宮彰子について参詣しており、また紫式部は、父藤原為時の任国である越前(福井)で、雪の日野山を見ながら小塩山を思い出し「ここにかく日野の杉むら埋む雪、小塩の松に今日やまがえる」(紫式部集)と詠っている。
 『源物語』「行幸」で、冷泉帝が大原野行事を行い、京の人々が見物に訪れるなか、玉蔓や六条院の人々も車を寄せて行幸を見物している、物忌で同行しなかった光源氏は、帝からの歌に応えて「小塩山みゆきつもれる松原に 今日ばかりなる跡やなからむ」と寿いだ。  平成20年 京都市
   ーfP1010002
石の鳥居をくぐり石段を上り詰めると、又石の鳥居が有りそれもくぐって参道へと
   P1010007-h.jpg
木立を抜けると右に
   P1010010-i.jpg
水蓮が敷き詰められた鯉沢の池が
   P1010012-ji.jpg
 左大臣藤原冬嗣を祖父とした文徳天皇は、壮麗な社殿と共に鯉沢の池をも作った。池は明泉瀬和井と水系を一にして杜若や水蓮を咲かせ親しまれている。
当日は花は見れませんでした。道を隔てた所に清和天皇の産湯の水と言われている「瀬和井」がひっそりと有ります。
   P1010013-ig.jpg
     「瀬和井」(せがい)
清和天皇産湯の清水とも伝えられ、古来歌枕にあがり数々の和歌に詠まれて名高い。
大原や小塩の山のほととぎす われに神代のことからん 左大臣
大原や小塩の山の小松原 はや小高かれ千代の蔭見ん 紀 貫之
大原やせがいの水を手にむすび 鳥は鳴くとも遊びてゆかん 大伴家持
夜を寒みせがいの水は氷るとも 庭燎は春のここちこそすれ 大江匡房

見出しの写真でもお分かりのように、「瀬和井」の周りは草が生えて水を汲もうとは思えない、まぁそれ以前に囲いがしてあり入るなということですし(~_~;)
駐車場のオジサン、手水舎の水は地下水をポンプで上げたモノ、水は同系との事、そちらの方へ
  P1010018-as.jpg
拝殿の入口の左に位置し
   P1010020-m.jpg
手水は鹿が銜えている巻物から出ています。
   P1010021-n.jpg
この鹿は
   P1010022-v.jpg
拝殿の狛犬代わりに鹿が配置されています。これは、奈良の春日大社の分霊のため、
春日大社:奈良・平城京に遷都された710年(和銅3年)、藤原不比等が藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、春日神と称したのに始まる[要出典]とする説もあるが、社伝では、768年(神護景雲2年)に藤原永手が鹿島の武甕槌命、香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で祭祀が行われていた可能性も出てきている
鹿島神宮(茨城県)から武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。(ウィキぺディアから)
   P1010024-x.jpg
無事お水も頂く事ができ、何時もの通り「家内安全・商売繁盛」をお頼みして大原野神社を後にした。
   P1010030-az.jpg
帰りは、大きな参道から帰る事に、かかしが見送ってくれた。

独断と偏見の水評価は、淡泊であったが美味しかった。おわり
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v

詳しい場所は

   



プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR