NO195:家原遺跡の近くにある「千年水」(酷道429号の旅最終章)

   IMG_0901-5s.jpg
高野峠を下りてきて、合併前の一宮町まで戻ってきた。酷道と呼ばれる国道も、さすが市街地は国道らしい道になってる。
   IMG_0896-5a.jpg
もうすこしで、選鉱場がある神子畑に着く、ここまで来ると福知山までの到着時間が読める。
朝来市に向けて走っていると、遠くに遺跡らしき建物が見えたので、429号から道をそれ行ってみた
   IMG_0903-5x.jpg
家原(えばら)遺跡公園と案内板、なんでも三方盆地を一望できる河岸段丘に縄文時代から中世にかけての住居跡が発掘された所に公園として復元されているという。時間もないので素通りしようと思っていたところ、「千年水」という公園に合った名称の湧水の立札が立っていた。
どうにかペットボトルは1本ある。最後の水を汲みに行く事に、しかし、すぐ近くかと思いきや車で5分ほど走った所に
   IMG_0900-5c.jpg
道の脇にそれらしき小屋が見えてきた。
   IMG_0898-5v.jpg
説明書きには、千年水の由来
播磨風土記(713~714)御方の里の条(くだ)りに「鉄を生(いだ)すは金内と稱(い)う」とあり、公文には金屋、タタラ場、鍛冶屋敷、堤ヶ谷カマス置場等、鉄に因んだ場所と、数ヶ所のタタラ跡があります。
この地より北へ100m先に、手洗淵鉄山で高殿や千種への馬路も残っております。
古歌に「朝日さす、夕日かがやくこの奥は、真金千杯、うるし千杯」
タタラの炉の色は、真っ赤に燃える朝日、夕日の色をもって最上とした。
公文の枝郷小原、溝谷は木地師の里で小椋姓ばかりである。木地屋、鉄山、うるし採取、炭焼き等、山は栄え、賑やかで、但馬との交流も多かった。
往来の人々のオアシスとして、千年も前より飲用されてきました。
美味しい湧水として大変喜ばれています。
              西公文自治会
IMG_0897-5b.jpg
説明文は何が言いたいのか?ですが、千年とは?・・・かも
最後の一本を入れて、後は帰るのみ、時間もPM4:00を回っていたので、日が沈むころに福知山終点到着は諦め安全運転で帰る事に(^o^)/
   IMG_0905-5n.jpg
朝来市に入り、選鉱所の前を
   IMG_0906-5m.jpg
何回も来ているので先を急ぐことに
   IMG_0907-6q.jpg
和田山と姫路を結ぶ国道312号に着いた。ここからしばらく共用区間になるが、右折して生野市街へ、兵庫県に入ってからというもの供用区間になっても親切に国道の重複はしてくれていない。岡山県側は親切にダブル・トリプルの標識が設置されていた。やはり出発地のプライドか!
生野市街から、生野ダム周辺を走るルートへと
    IMG_0909-6w.jpg
この辺に来ると、すれ違う車もなく、1台寂しく走るのみ、何回も走っているルートだが道も間違えたり、鹿と遭遇したりで、
   IMG_0911-6e.jpg
青垣まで長~い下り坂、酷道429号を下って、さらに、兵庫県と京都府の県境の酷道をひた走り、福知山の9号線へ
   IMG_0912-6r.jpg
到着したのがPM6:45分でいした。そして我が家へはPM7時30分へ無事帰宅。大河・真田丸を見る事ができマスタ(^_^)v

朝の3時から夜の8時まで、ろくに休憩もせず走りぱなし、老体にはチットきつ過ぎたのか、数日後インフルエンザに罹るという「おまけ」付で無理は厳禁!!・・・と第一に思ったこと
第二は、酷道429号線、生活道路区間は総じて国道であったが、峠とか無理やり国道429号線へ繰上げした区間が酷道とよべる道でした。予算の関係でおいおい改修されるのであろうが、生野市街から青垣区間はどのように手を付けて行くのか見ものである。

独断と偏見の「千年水」の評価は、今回の汲んできた水の中で一番美味しかった。
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v
詳しい場所



スポンサーサイト

NO194:東山高野峠「岩清水」(酷道429号の旅そのⅥ)

    IMG_0890-5q.jpg
元の429号を走り出し、冬季通行止めの遮断機が設置してある道を、今年は暖冬なのか遮断機は空いていた。そんな中、東山高野峠に向かって進んだ。
IMG_0885-5w.jpg
峠を登るにつれて、国道が酷道に変化して行った。そんな中
   IMG_0886-5e.jpg
峠のお地蔵さんに出逢った。そして
   IMG_0887-5r.jpg
峠を通り越して、山々のパノラマが・・・その内、また酷道の中を下っていくと、
   IMG_0888-5t.jpg
通り過ぎて、オットット・・・道路際の岩肌から水が出ているではないか(*^_^*)吾輩の下調べした情報にはナカッタ(=_=)
   IMG_0889-5y.jpg
早速頂く事に、よぉ~く見ると、誰が設置した判らないが、岩の間にパイプを差し込み水を飲みやすく、汲み易くしてくれている(*^^)v感謝!感謝!!
そして、石板には、たかの・岩清水:通年摂氏14度 と書かれてあった。
その後、酷道の横を流れる
   IMG_0891-5i.jpg
渓流を満喫しながら(チョイト季節が悪いが)麓の集落に
   IMG_0893-5u.jpg
下りてきて、本心ホッとした峠越えでした。

独断と偏見の水評価は、期待だ大きかっただけあり、落胆も大きかったが、決してまずい水ではアリマセンでした。
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v

詳しい場所


NO193:ラドン含有「東山名水」(酷道429号の旅:そのⅤ)

   IMG_0871-4w.jpg
後山から志引峠(しびき)を超えると兵庫県、峠から眺めた様子
    IMG_0857-4q.jpg
麓に下りてくる時、タタラの遺跡跡の記念碑が
  IMG_0859-4r.jpg
   古代製鉄(たたら)の神  
     金谷子神
降臨の地   岩鍋
平成4年   千種ライオンズクラブ
本来は現地まで足を延ばすのですが、今回は先を急ぐ為パス、代わりに案内板を
    IMG_0860-4t.jpg
 たたらの神様        金谷子神降臨の地
 岩野辺の人々はここを「山の神」と呼んで神聖地してきた所です。
元来岩野辺の縁故地であり、周囲の山々と同様に一反五畝歩の分割地として個々が管理しています。
 谷川に面した所に桂の老木が茂り、根元に小さな祠がお祀りしてある、人々はこれを「金谷子さん」と言って、丁寧に扱いお祭りしている。
 特に出雲地方の人々は「我々の元祖だ」。「ルーツはここか」。と言って今でも一年に二組や三組は見に来たり、お参りしています。
 出雲の旧広瀬町「金谷子神社」の祭文(のりと)によると、高天原から最初に地上に降臨した所は播磨国志相郡岩鍋という所で、
「我らは民草を救い、天皇を助ける為に天降りをした。今から鍋作りをするので、よく見習うように」と言って、近くの岩を砕いて鉄を採り出して、鍋釜を作っていたが、「ここでいつまでも居る訳にはいかない。西の方の人が私が行くのを待っているから」といって白鷺に乗って出雲に至り西比田という所の桂の木に止まっているのを村人が見つけ、そこに住居となる大きな社を建て、村人と共に鉄を取り鍋釜を作り豊かにくらしたということが書いてあります。
 最初の降臨した所で、岩を砕いて鍋を作ったところから「岩鍋」という地名をつけた。と岩野辺の元の地名が「岩鍋」であったことも書いてあります。
 尚、金谷子神の祠はこれより奥2,2㎞の地にあります。
                         (文責者 上山明)
  平成25年設置                岩野辺自治会
兵庫県に入ると、こんな道も
   IMG_0858-4w.jpg
立派な鳥が乢トンネルも
    IMG_0862-4o.jpg
進みながら若桜街道国道29号に出る前に
   IMG_0863-4u.jpg
波賀城が山のてっぺんに
    IMG_0864-4i.jpg
今は波賀城史跡公園となり、城郭も「波賀城学習資料館」として再建されたものらしいデス。間もなく若桜街道国道29号線へ
   IMG_0865-4a.jpg
国道29号線と国道429号線の複合ルートになり、29号を北上する事約800m
    IMG_0866-4s.jpg
朝来へ向けて29号から分岐、兵庫県ではこの区間の429号標識が見当たらず・・・見落としたかも(?_?)
一部狭い所があった酷道429号線もまだまだ国道らしい街道が続いていました。
   IMG_0867-4h.jpg
429号を走っていましたら
     IMG_0868-4g.jpg
イボ石が、とりあえず面白い石かな~と思い写真を写してきましたが、説明されているブログが有りましたので紹介しておきます。最近越前地方に出向いていたら、このような石に出逢い、後程(越前水紀行その時)紹介しますが、このような石にはイボを取る成分が含まれて入るのかな~と思います。検索掛けていたら「ラドンとイボ」の項がありましたので、何らかの関係があるのかも、そのラドン(放射能)を含んだ名水が、その先の脇道を登って行ったところに在る、「東山温泉メイプルプラザ」敷地内に有ると看板が立ててありそちらに車を向けた
   IMG_0880-4f.jpg
駐車場の道を隔てた所に「東山名水」の自動販売機が設置されていた
    IMG_0876-4g.jpg
その横に、名水が掘り出された経緯が書かれていました
   IMG_0877-4l.jpg
東山名水:この名水は、平成2年「東山泉源開発事業」として、京都女子大教授 桂 京造氏の現地調査、指導を受けながら泉源調査を進め、良質泉を発見。山の斜面を温泉ボーリングし、泉源獲得に成功しました。
 兵庫県衛生研究所温泉分析の結果、泉質はラドン含有19,8マッへと、温泉法基準(5,5マッへ)の3,6倍、療養泉基準(8,25マッへ)の2,5倍のラドンを有する極めて良質の冷鉱泉で、温泉はセッシ11,6度であります。

療養泉分類の泉質に元づく浴用の適応性は、神経痛・慢性消化器病・高血圧など21種。飲用の適応性は、痛風・慢性胆のう炎・神経痛などの7種にのぼります。
    【年中無休】 以上 上の林野委員会
と書いてあり、早速入れようと準備をすると、その横に源泉の地図が 
    IMG_0878.jpg
やはり汲む水は出来立てがよろしいと・・・そちらの方へ
   IMG_0875-4x.jpg
こんな道を数分走ると
   IMG_0872-4c.jpg
それらしき小屋が見えて気まし。
    IMG_0870-4v.jpg
ここの販売機も小分けにして出す事ができ便利でした。成分表も
   IMG_0874-4n.jpg
主なものを書き出すと
単純弱放射能冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
飲用の注意事項
(1)飲用療法に際しては、温泉について知識を有する医師の指導を受ける事が望ましい。
(2)温泉飲料の一回の量は一般に100mlないし200ml程度とし、その一日の量としておおむね200mlないし1000mlまでとする事。
(3)以上のほか、飲用については次の諸点について注意すること。
ア、食後飲用すること  イ、夕食後から就寝前の飲用はなるべく避ける事が望ましい。

そして、小屋の横には
   IMG_0873-4b.jpg
源泉井戸らしきものが、この井戸は( 温泉ボーリングでは珍しい水平掘りによって冷泉の試掘に成功したものです)珍しい物だそうで、東山温泉にもこの水を使用しているそうです。
吾輩は、4本入れて帰ってきましたが、注意書き通りに飲んでないのでどうなる事やら・・トホッホッ((+_+))
・・・で、元の酷道429号線の旅を進めた。

独断と偏見の水評価は、ラドンを含んでいる事からか、今まで飲んだ事のないコーヒーの味に仕上がた。微妙な味でありました。
(^_^)v (^_^)v (^_^)vにしておきます

詳しい場所

    

プロフィール

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR