NO190:「菊水の井戸」(酷道429号の旅そのⅡ)

    IMG_0781-1h.jpg
まだまだ行かなければいけないので、長良山の谷間の道を抜けて長良集落へ
   IMG_0786-1j.jpg
家並に入るまもなく、
IMG_0780-1z.jpg
立派な「菊水井戸」がすぐ見つかった。
直接井戸からは水は汲めませんでしたが、横に蛇口が設置され、水汲みに来る人の便宜も考えてありました。
   IMG_0784-1x.jpg
             菊水の井戸
 左にある歌碑の歌は正応元年(1288)伏見天皇の即位に当って行われた大嘗会の時に詠まれたものです。ここに詠まれた「菊の下水」は、この井戸「菊水」であると伝えられています。
 また、「菊の下水」と題した足守六代藩主木下きん定が撰した謡曲もあり、上林の「松井」「白井」とともに総社「備中」の三名水といわれています。
   IMG_0785-1c.jpg
「汲む人の よはいもさそな 長月や 長良の川の 菊の した水」と書いてあるらしい・・・^_^;
    IMG_0783-1x.jpg
正面には神社もあり、井戸を祀っている神社かも(?_?)
井戸水ももらい、次に進む事に、農道を走り再度総社バイパスに戻り、岡山自動車道、岡山・総社ICへ向けて走って行くと
   IMG_0787-1v.jpg
国道180号の標識の下に429号の標識が付けてあった。という事は、この総社バイパスは国道の重複区間という事になる。データーでは、起点から終点までに重複する区間が数か所あるそうだ。
この自動車道を抜けてすぐ位に、変わった名前の神社があった。
   IMG_0791-1b.jpg
矢喰神社(やぐい)と呼ぶらしい
御祭神:吉備武彦命
後に天満宮を合祀したので矢喰神社、又は矢喰天満宮と呼んでいる
創立年代不詳
吉備津宮縁起によれば、第十代崇神天皇の時百済の王子温羅(うら)と言う者があった。両眼大きく毛髪赤く頬骨強大、身の丈抜群その性勇敢腕力絶大常に仁義を守らず、日本を狙わんとする志があった。
本朝に来たり諸州を广覧する内、遂に吉備の国新山(よしやま)(後方の山)に登った
この地方の勝れたるを見てこの所に大門を起し、城壁を築き矢倉を立てて城郭となして居を構え、時には西国より帝京に送る貢物を奪取した。近里に往来して人民を悩乱せしめた、時の人この城郭を鬼の城と稱(となえ)し恐れた。
天皇勅して大吉備津彦命を派遣して之を征伐せしめられた。
即ち彦命は兵数千を率いて東の方吉備の中山に陣し、西の方は日畑西山(楯築山)に出で石楯を築き甲兵を引きい鬼の城へ向かい高羅と戦った
彦命、矢を放てば温羅の矢と空中に噛合い海中に飛び入る。
其の所に宮を建てて、矢喰い宮と云った。之が今日の矢喰神社である。
彦命再び千鉤の矢に大矢二筋を番(つか)え発したところその一矢は喰合って前の如く海中に飛び入ったが、他の一矢は温羅の左眼に命中した流血で流水の如くであった。その所を名ずけて血吸川と云う。
是に於いて温羅は雉となって山中にかくれたが、命は鷹と化して之を追うた
次には鯉と化して血吸川に入ったので、命は鵜と化して噛んで之を揚げ、その所を名づけて鯉喰宮と云った。(南東2キロにあり)
温羅、遂に錘旗を垂れ鋒刀(ほうとう)を棄てて降ったとある。
以上は吉備津彦命にまつわる物語でこの地方に昔から語り伝えられている伝説である。
左側の砂川が血吸川で血吸石がある。当時この辺りは海であった。
                    高松観光協会
   IMG_0790-1c.jpg
郷土記念物:矢喰の岩
   IMG_0792-1x.jpg
この岩には、吉備津彦命と鬼神温羅にまつわる伝説の中で「吉備中山に陣取る吉備津彦が射た矢と鬼の城に居た温羅が投げた岩とが空中でかみ合い落下した」といわれをもっている。
この矢喰神社は、吉備路のほぼ中央部、血吸川に沿った水田地帯の中に位置し境内に有る大小5個の花崗岩から成るこれらの岩は古くからの伝説とあいまって地域の人々に親しまれている。
                   岡山県
ここに書いてある血吸川をググってみると、矢喰神社の横に今も流れているようである。この川を溯ると「鬼ヶ城」とか「温羅の遺跡」とかがあります。それで、たしか桃太郎伝説は岡山県吉備地方の話であったと思い出し調べてみると、やはり、昔話「桃太郎」の原作となったみたいです。
そして吾輩は、429号を求めて出発して行ったのでございます。
    IMG_0797-1n.jpg
重複していた180号は岡山市内へ、酷道429号は岡山県の山の中吉備中央へ、吾輩はモチロン429号へ入って行ったのでした。

「菊水の井戸」の水評価ですが、まぁ普通の井戸水と言ったところでした。この近辺は瀬戸内海という事もあり雨が少なく、昔から水が大切にされてきた地方という事ですね
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v
詳しい場所は
スポンサーサイト

NO189:裏菊水(酷道429号の旅そのⅠ)

    IMG_0723-1.jpg
NO159でお伝えした、日本中の国道で一番哀れであろう国道429号!岡山県の倉敷から京都府の福知山まで続いている。誰が言ったのかは知らないが、酷道という汚名のついた道である。
一度この国道を全線走破したいと思っていました。以前コメントを頂いていた節分までは西方面の旅行は要注意という厄も晴れて明けまして、今回酷道429号を走破する旅に出てきました。
酷道429号の付近に天然水が出ていれば汲んでくるという目的をもって(^_^)v
まず悩んだことは、出発をどちらにするかという事でした。福知山を起点にすると、夜明けから出発すればよいので、朝が楽である。しかし、吾輩の性格上、倉敷に近づくのが遅れれば水汲みの事が吹き飛んでしまう。
その点、倉敷を出発地にすると夜中起きで出て行かなければいけない。しかし、福知山に着くことが遅くなっても、こちら側の水汲み場所は大方汲みに行っているので、素通りしても苦にならない・・・というわけで、国道429号起点通り倉敷から福知山に向かうことにした。
関西方面のテレビ番組で、PM1:55~5;30の時間帯で、月曜日~金曜日まで放送されているTBSの「チチンプイプイ」その中の木曜日の5時椙から始まる「昔の人は偉かった」、毎回見ている好きな番組で、昔の人と同じように「日の出から日の入りまで(日の入りまでもではないが)歩いてその地域の事やら、テーマに沿った内容を紹介するのであるが、今回それを真似して、日の出から出発して、コース途中で見つかった天然水を汲んでくるという、『当たるも八卦当たらずも八卦』気分で取り組むことにした。
どれだけの水が汲めることが出来るのか?最後のお楽しみデンデン・・・ということで始まり始まり~\(^o^)/

我が家を出発した時刻が、AM3:15、例のごとく京都縦貫道から舞鶴若狭道に入り、中国道から神戸JCTを経て山陽道へ入ろうとしたが通行止め、よって中国道の福崎から播但道を経て姫路から山陽道に入り倉敷JCTから瀬戸中央道へ、高速道を児島ICで降りたのがAM6:45、距離286kmであった。
ここまで来れば、やはり瀬戸大橋の絶景が見たい!やはり鷲羽山へ行くことに
鷲羽山の近くで日の出と対面(^_^)v
    IMG_0704-2.jpg
鷲羽山の公園から、瀬戸大橋のいいところをパチリと
    IMG_0719-3.jpg
それから
    IMG_0735-4.jpg
山頂まで登り、その後国道429号の起点へと車を進めた。
と、その前にもう少し鷲羽山の事
頂上からの眺め
    IMG_0736-6.jpg
鷲羽山の知られざる歴史
   IMG_0742-7.jpg
鷲羽山と遺跡:鷲羽山には数万年の昔から人類が住みついていました。彼等は香川の五色台付近に産出するサヌカイトという岩石を加工してつくった石器を使い、魚や野獣を捕らえて生活していました。
山頂付近に古墳も
    IMG_0730-8.jpg
鷲羽山から国道429号ならず430号を使って水島コンビナート
   IMG_0749-9.jpg
その2
    IMG_0748-0.jpg
そう言えば、最近カメラ女子の間でも、工場の夜景を撮る人達が増えているとか、さぞかしコンビナートの夜景は喜ばれるのじゃないかな~・・・と思いながら国道429号の起点に着いた。
   IMG_0755-1q.jpg
道路標識に国道2号と左右に書いてある道が、上の陸橋で2号線バイパスとなっており、そのガード下を抜けると国道429号線になるようでした。
    IMG_0759-1w.jpg
倉敷市玉島唐船交差点付近がどうも起点のようである。
国道429号、本来は国道2号線だったところ、岡山バイパス~玉島バイパスが開通して国道2号線になり、元の2号道が国道429号線になり国が管理するように成ったのではと推理してみた(真実のほどは?)。
何はともあれ、日の出に起点の唐船交差点を出発する予定が、鷲羽山で予定外の時間をくったためAM9:00時に出発となった。
1キロ弱は、国道2号と重複する道を走り2号線はバイパス側へ、429号線は川沿いにそれて行った
   IMG_0760-1r.jpg
しばらく走り、倉敷市を流れる高梁川の川を渡る橋に出た
   IMG_0761-1e.jpg
この辺りの429号線は立派な道が通っている。この国道が酷道と呼ばれる道になって行くとは、おそらくこの近辺の住民は誰一人として思っていないのでは・・・と思いながら、さらに429号道なりに進んで行った。
そして、倉敷駅手前の2号線と交差する場所
   IMG_0762-1t.jpg
さらに、倉敷駅前を過ぎて郊外の総社市へ向けて曲がって行きます。
   IMG_0763-1y.jpg
そして、何度か曲がり
   IMG_0765-1u.jpg
郊外の雰囲気へ
   IMG_0766-1i.jpg
そして、突如として国道429号が消える場所へ
   IMG_0767-1o.jpg
右に曲がれば総社バイパス国道180号線になる。そこを走って行けば岡山道路(自動車道)の岡山総社ICに着き、ここから429号の標識が出て来るのである。
この総社バイパスを走っていると
   IMG_0770-1p.jpg
県立岡山大学のキャンパスが見えてきた。たしか、資料ではこの近辺に名水が出ていると書いてあった。
情報では、岡山県立大学の東、道路脇にある。と書いてあったが、始めて来た者には西も東も判っちゃもんじゃあ~りません。まぁ、カーナビを進行方向上から北を上にすれば判るとゆうもんですが、めんどくさい(~o~)
こんな時に手っ取り早いのは、地元の人に聞くのが一番(^o^)/いい具合に畑で野良仕事をしていらっしゃった年増のご婦人にお訊ねしたところ、この道を真直ぐ行けば在ると、その上聞いていないもう一つの名水と言われている場所も、その手前の道を曲がって村中に入って行くと有りますよと教えてくれました。厚くお礼を言って車を進めると、
   IMG_0772-.jpg
まさに道路脇に在りました(^_^)v早速石垣の中を覗いて見ると
   IMG_0773-1a.jpg
正面に、涙の雫よりましですが、一筋の雫になって流れて出ていました
   IMG_0774-1s.jpg
ペットボトル2本入れる予定にして
   IMG_0775-1d.jpg
入れだしたのだが、1本を入れ切るのに15分ぐらいかかり、根負けしてしまい1本で終わりにした。
こんな湧水だが、昔から有名らしい
   IMG_0771-1f.jpg
裏菊水(清水の井戸)  『どうも行く順番が違ったようだが・・・』
 奈良に「菊のした水」、いわゆる「菊水の井戸」がある。そこから北西へおよそ六百メートル、長良山の西麓にもうひとつの名水がある。
これら山麓の泉の水は、古く平安時代に「君が代は長良の川の水すみて底なる石も玉とこそ見れ」と歌われ、長寿の水としてはるか都にまで知れ渡っていた。
 今では、「長良の川」を特定する術はないが、このふたつの菊水は当時より世人に広く知れていたに違いない
                                          総社市
という事らしいので、歴史は長いようです。ところが
    IMG_0779-1g.jpg
ここの看板には注意書きが「生水は飲まないで下さい」と書いてあった。その時は『ふふ~ん』ぐらいしか思わなかったのだが、一本のペットボトルでは分からない、後程行った「菊水の井戸」の水と比べたら、ありゃりゃ水の色が違うではないか((+_+))
しかし、帰って来てコーヒーを沸かして飲んだという事は言うまでもないハハハ。

という事で、独断と偏見の水の評価は「沸かして飲んだ事、コーヒーを作るのにコーヒーメーカーで作った」事から雑菌、及びゴミ類はクリアーできていると思います。飲んだ感想は、まぁまぁ というトコでしたが、やはり水がくすんでいる(濁っているよりまし)』という事からお薦めすることはできません。ゆえに
((+_+))にしておきます。
詳しい場所は

案外、少し先に在るため池から来ているかも(?_?)


プロフィール

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR