NO98:白龍神社の「堂来清水」

     img094-a.jpg

連れ合いが数年前から連れて行けとせがんでいた、滋賀県長浜市の盆梅展に行く事に、それなら、どこか湧水を頂きに・・・と探していたら、アリマシタ!ありました!平成の名水百選に選ばれた「堂来清水」 お届けします。

最近は、高速道路の整備がだいぶ進み、滋賀県の高島市回りで約2時間弱、以前は3時間以上かかりましたので、お金を掛けるか時間をかけて早く出るかの選択です。

とりあえず、盆梅展の報告からいきます。
昭和27年に始まり、今回で63回目となるそうです。最近は長浜盆梅展の評判が良いのか、滋賀の米原、大阪の天満宮と開催されているようですが、歴史・規模とも日本一と自慢しておられます(^_^)v

          img095-b.jpg
このパスポートを千円で買えば、長浜盆梅展プラス4施設の入館が無料となるため、駅前の案内所で購入して行く事にしました。
  白龍神社の湧水 023-b
      慶雲館
 慶雲館は明治20年(1887)、2月21日明治天皇、昭憲皇太后の御休憩所として、長浜の豪商、浅見又蔵氏が私財を投じて建設しました。命名は同行した初代内閣総理大臣、伊藤博文です。
 約六千平米の広大な敷地内には、地元の宮大工平山久左衛門(屋号 山久)により総檜造りの秀麗な本館や茶室などが整備され、以後も長浜の迎賓館として使われてきました。
 明治45年に道営された庭園は、京都の平安神宮神苑などを手かけ、近代日本庭園の先覚者と呼ばれた7代目小川治兵衛(屋号 植治)によるもので、国の名勝に指定されています。主庭となる南庭は、地形に大きな起状をつけた立体的な構造と巨石や大灯篭を用いた豪壮な意匠が特徴です。
 また、毎年1月20日から3月10日までの間、新春の風物詩「長浜盆栽展の」会場となり、見事な枝振りの梅と純和風の建物、そして雪吊が施された庭園の美しさに多くの観光客が訪れます。

白龍神社の湧水 029-b 白龍神社の湧水 028-b
大灯篭:推定重量20トンという自然石の石灯籠。慶雲館にはこの大灯篭をはじめとして、巨石がふんだんに使われているが、これらはいずれも近江の石切り場として良材を産出してきた滋賀郡志賀町から、琵琶湖上を船で運ばれたと伝えられている。
白龍神社の湧水 031-b  白龍神社の湧水 081-b
等々
慶雲館の玄関と正面にある梅
     白龍神社の湧水 032-b
    
白龍神社の湧水 033-b
仁壽(ジンジュ)一重白梅 樹齢水底150年 論語の「仁者は壽長し」から命名
館内の様子
   白龍神社の湧水 045-b
古木
白龍神社の湧水 040-b
梅より桃の花と間違えそうな・・・
   白龍神社の湧水 036-b
寂聴の掛け軸をバックに
出口で梅の盆栽を販売していましたので2500円で買ってきました。
木津川市 002-b
書き終わるまでに花が咲きましたらUPしたいと思っています(^_^)/ 

前後しましたが、白龍神社の「堂来清水」は、朝いちばんに行って来ました。
田園地帯を走っていた時の伊吹山の雄姿
  白龍神社の湧水 137-b
新しいカメラに今一なれませんので、チョイト薄いですが・・・やはり雪山はイイ(^_^)v

長浜からいうと、山を一つ超えた谷合に在りるという事で。途中祭りをしていた集落を通り
   白龍神社の湧水 017-b
山一つ越えた姉川ダムから水を送ってきているであろう草野川発電所の前を通り
白龍神社の湧水 015-b 白龍神社の湧水 016-b
白龍神社に到着
  白龍神社の湧水 010-b
境内を見渡して見ると・・・
  白龍神社の湧水 012-b
手水舎が・・・龍の口から水が出ているのだがよく見ると水道の蛇口とホースが・・・

神社の後ろに回ってみると、
  白龍神社の湧水 004-b
ここにも小さな白龍神社の社が有りました。なぜ二つあるのか分かりませんが、全国にも数か所「白龍神社」というものが有るようです。
その横に「堂来清水」の水汲み場が有りました。
   白龍神社の湧水 008-b
白龍神社の湧水 001-b
      平成の名水
 『白竜霊水』  堂来清水の由来
・堂来清水は、永年にわたって地元高山町の水環境保全活動が認められ、1009年環境省から、平成の水百選に選定された。
・堂来清水は、遠く三国峠の夜叉ヶ池を姉池とし榧谷(かやだに)山腹の妹池に発すると伝えられている。
・堂来清水は、往古より湧出て年間水量に大きな変化はなく、道行く人々の心を癒し、渇きを満たしている接する堂来地蔵尊は、厚い信仰の対象となっている。
・堂来清水は、時代の変遷を経て地元では、神事の洗米水としても活かされて、遠方からは清澄な水を求め訪れる人は多いい。
2009年(平成21年)10月   長浜市役所  高山町自治会

この石垣の間から水が湧き出ています。
白龍神社の湧水 006-b
上記の説明書きの中に出てきている、姉池・妹池が出ているサイトがないか探していたら、「山たまごの東岳行」というサイトに詳しく出ていましたのでご案内します。
〇姉池:福井県側からの夜叉ヶ池
〇姉池:岐阜県側からの夜叉ヶ池
〇妹池:カヤ谷妹池

水を汲んでいると、長浜市内から来たというオジサンと話が出来ました。コーヒーお茶を飲むのに毎回水をもらいに来ていると、その中で「湧水の水量は結構増減があると」聞いたりしました。説明書きとチト違うような・・・
  白龍神社の湧水 013-b
という訳で、「堂来清水」をもう少し詳しく知りたい方は、滋賀文化のススメ『長浜市:堂来清水』で
白龍神社の由来も書いてありますよ~(^_^)/

水汲みを終えた次は、長浜市内へ・・・盆梅展から次へ・・・
長浜盆梅パスポートでは、入館料のサービスだけでなく飲食の割引にも適用してもらえるところがあり、当然食事はそれらのお店を利用することに、今回はここに行きました。
  白龍神社の湧水 082-b
長浜浪漫ビールです。ビールも良いのでしょうが、運転する身ではままならず×、近江牛を使ったメニューの金額もピン~キリまで、目の前に大蔵大臣の目が光っていますので、ランチ相応の金額に落ち着き無事食事も終わりました。

長浜には黒壁エリアには一度観光で来ていますので、今回は足早に見て回る事に・・・
一つは、室町時代から住んでいたといわれる豪商安藤家を
  白龍神社の湧水 085-b
大正時期、北大路魯山人が逗留(とうりゅう)していたという。大看板「篆刻(てんこく)」を残していた。
  白龍神社の湧水 095-b
目障りな人がいますが無視して下さいネ。北大路廬山人

最近旧家から出たといわれる大判小判、曳山博物館に展示してあると・・・、時間が無い事からパス・・残念

最後に行ったのは、もちろん長浜城
  白龍神社の湧水 117-b
正式な名前は、長浜市長浜城歴史博物館というだけあって、昭和58年(1983年)コンクリートで再建、秀吉が建てた城は天正3年に住みだし天正10年まで在城した。その後、天正10年の清州会議で柴田勝家に譲られ、甥の勝豊が入城。
しかし、その年の12月には勝豊を攻め、翌年4月には柴田勝家と賤ヶ岳の合戦に勝ち軍事拠点として活用した。
 天正13年から18年まで山内一豊が入城、以後次第に荒廃していったが、慶長11年(1606)徳川家康の異母弟内藤信成が城主になり、慶長17年にはその子信正が城主になったが、元和元年(1615)摂津高槻城へ移り、長浜城はその役目を終えて、石垣などは彦根城へ運ばれ完全に失われた。再建された時の名称は市立長浜城歴史博物館でしたが、今の名称には平成18年に改名されました。(シオリから抜粋)
館内は黒田官兵衛展と長浜ゆかりのひな人形展が開催されていましたが、撮影は禁止との事天守閣最上階からの見晴らしです。
山側
  白龍神社の湧水 119-b
琵琶湖側
   白龍神社の湧水 120-b
これで長浜観光は終わり。ところが、帰りの湖周道路では珍しい・・・鳥、コハクチョウがため池で休んでいる所をハッケーン(^_^)v。
  白龍神社の湧水 125-b
後で調べたら、湖北野鳥センター近くの湿地のようでした。
  白龍神社の湧水 131-b
予定外のものが見られて、幸せ気分で家路に就く事ができました。
   白龍神社の湧水 135-b

その後、梅の盆栽は無事開花、
木津川市 072-b
3月3日、我が家の「桃の節句」ならず『梅の節句』です。  その後すべて我が家の腹の中に(^_^)v
盆栽 001-b
その後、満開近くまで咲きました。

で、「堂来清水」の評価は、「平成の名水」に選ばれただけあって美味しくコーヒーが飲めました。
独断と偏見の評価は
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vでした

詳しい場所は

大きな地図で見る

スポンサーサイト
プロフィール

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR