NO234:中山道・柏原宿の「白清水」

   2017,7,9柏木街道 047-2q
「子宝の水」を戴いてまだ時間に余裕があったので、二ヶ所目の「白清水」を探しに行く事にした。
その場所は、中山道・柏原宿のはずれにあるという。
柏原宿に入ると一里塚の史跡が目に入った。
   2017,7,9柏木街道 066-3w
その手前には
   2017,7,9柏木街道 065-3e
  柏原一里塚(復元)
 一里塚は、旅人の里標(みちのり)の目安・駕篭・馬の乗り賃銭の目安と旅人の休憩場所として造られた。

 慶長九年(1604)、徳川家康の命をうけ、秀忠はまず東海道と中山道・北陸道での一里塚築造に着手した。そして奉行には永井弥右衛門白元・本田佐太夫光重を任命、江戸は町年寄の樽屋藤左衛門・奈良屋市右衛門・街道沿いでは天領は代官、私領は領主に工事参加の沙汰が出された。工事現場の監督はすべて大久保長安が担当した。
 一里塚の規模は、五間(9メートル)四方に盛土して、一本又は複数本の木が植えられた。おもに榎が選ばれた。成長が早く根が深く広く張って塚が壊れにくい利点から採用された。
 柏原一里塚は、江戸日本橋からから数えて百十五番目で、柏原宿内の西見附近くに街道を挟んで北塚と、南塚があった。(両塚ともに現存しない。)
北塚は、街道沿い北側で、愛宕社参道の石段東側(現仲井町集会所)の場所にあった。
南塚は、街道を横切る接近した二筋の川のため、やむを得ず左側の川岸で街道より奥まった所に築かれた。(現在では、大幅な河川工事が行われたので、この時点の東よりの河床の位置になる。)
なお、江戸時代刊行道中記等を見ると、両塚とも三本の榎が描かれている。

そして街中に入って行くと
  2017,7,9柏木街道 055-3t
柏原宿は昔から「伊吹もぐさ」の商いが盛んな所だったそうで、街道沿いのいたる所に「やいと祭」の幟が立ててあった。 
   2017,7,9柏木街道 061-3y
訪れた時より約1ヶ月遅れの7月30日に祭は開催されているようです。
今でもモグサの商いをされているお店が「亀屋佐京商店」1軒残っているとの事です。
柏原宿は約1,5kmに亘ってほぼ直線の宿場町の面影が今でも残っていて
   2017,7,9柏木街道 053-3u
こんなモノも残っていた
   2017,7,9柏木街道 062-3i
「やくし道」道標
最澄が創立したと云う明星山明星輪寺泉明院への道しるべである。
宿内東に、同じ薬師仏を本尊とする長福寺があったので、明星山薬師道、西やくし道とも呼んだ。太平洋戦争までは、眼病に霊験ありと賑わったが、門前の明星村も消え、今は往年の面影がない。
 この道標は享保二年(1717)と古く、正面が漢文、横二面が平仮名・変体仮名を使った二つの和文体で刻まれている。
出町(小字)長沢にも、同型の道標がある。
昔の柏原宿
   2017,7,9柏木街道 043-3a
この宿場町の突き当りに「白清水」という湧水が出ていると情報元では書いてあった。ところが行ってみてもそれらしき物は見当たらない・・・・・・。
何時ものことながら地元の人に聞くのがいちばんと、柏原宿に引き返す。途中畑で作業されている80代後半ぐらいのお婆さんを見つけ尋ねる事に、お婆さん曰く「10年程前に移り住んだのでよう分らん」との事、情報元は米原市のHP必ずあるはずと、さらにしつこく尋ねると「JRの鉄橋を潜り抜けた所に、昔湧水が出ていたという所があるが、今では融雪用の地下水を汲み上げる場所に変わっている」との事、チョイト場所の位置が情報元と違うが行って見る事に
  2017,7,9柏木街道 034-3s
これをくぐるとすぐ
   2017,7,9柏木街道 035-3d
言われていた融雪用設備らしいものが在った。覗いて見ると
   2017,7,9柏木街道 033-3f
貯水槽もあったが汚く飲めたものではナイ(+o+)。どうしたものかと思案・・・・・と、設備の角を曲がった道が、柏原宿街道と並行して山手の方まで伸びていた。つまり街道の裏道の様だ、で、もう一度この道を情報元が出していた山裾まで行って見る事にした。
来るまで走ってカーブを曲がった・・・と、
   2017,7,9柏木街道 039-3f
奥から手前へ
   2017,7,9柏木街道 038-3g
曲がると左端に池らしきものをハッケ~ン(^_^)vもしやとと思い車を降りて池へ(水を汲み終えて写した写真)
  2017,7,9柏木街道 037-3g
よ~く見ると水は流れ出ている・・・という事は水が湧いて出て来ている証。
例の看板も
   2017,7,9柏木街道 036-3h
白清水(しらしょうず):古くから、白清水または玉ノ井と呼ばれています。中世の仏教説話「小栗判官照手姫」には、姫の白粉で清水が白く濁ったことから白清水と呼ばれるようになったとあります。また、伊吹山の神に打ち惑わされた日本武尊が、この水を飲んで正気づいたという伝説がのこっている場所の一つです。
『硬度12,5mg/L(軟水)』
しかし、池をよ~く見ると底には枯れ葉の堆積物やカエルも悠々自適に泳いでいたりして、汲んで帰るのをためらったが「自称、湧き水評論家」(何を評論してるんだよ~)は汲んで帰る事にした。
汲んでから思い立ったことが、おかしな場所を教えてくれたお婆さんへ「求めていた湧水が汲めたこと」を知らせとかなくっちゃあと、再度お婆さんの所へ寄り道をしたのであった。
で、お婆さんに此のことを言うと、「あ、白清水のことか」と、思い出したように言って「あそこの上に遭った地蔵さんを、家の近くに持ってきて祀ったる」といい出し、照手姫をお地蔵さんにして祀っているかもと、帰りぎわ云われたところに寄って見る事にした。
   2017,7,9柏木街道 046-3z
その横には
   2017,7,9柏木街道 051-3x
「照手姫笠掛地蔵・蘇生寺と由来記」(宗教説話、小栗判官・照手姫)
その由来記
   2017,7,9柏木街道 049-3c
照手姫笠掛地蔵と蘇生寺
 地蔵堂正面向かって右側(見出しの写真参照)、背の低い如何にも古い時代を偲ばせる石地蔵を「照手姫笠掛地蔵」と言う。
現在はここに祀られているか、元はここより東、JRの踏切を越え野瀬坂の上、神明神社鳥居東側平地(子宝の水の所ではナイ)に在った蘇生寺の本尊ということから「蘇生寺笠地蔵」ともいう。
 中世の仏教説話「小栗判官・照手姫」にまつわる伝承の地域である。常陸国(茨城県)小栗の城主小栗判官助重が毒酒のため落命の危機に逢いながらも我気阿弥(がきあみ)となり一命を取り止める。これを悲しんだ愛妾(あいしよう)照手姫は、夫助重を箱車に乗せ狂女のようになり懸命に車を引っ張ってここ野瀬まで辿りついた。そして野ざらしで路傍に佇む石地蔵を見つけ、自分の笠を掛けて一心に祈りを捧げたところ地蔵は次のお告げをしたと聞く。
  立ちかへり 見てだにゆかば 法の舟に
      のせ野が原の 契り朽ちせじ
 勇気をえた照手姫は、喜んで熊野に行き療養の甲斐あって夫助重は全快したことから再びこの地へ来たり、お礼にお寺を建て石地蔵を本尊として祀った。
 これを「蘇生寺」という。近くの長久寺(廃寺)の末寺として栄えたが慶長の兵火で焼失、その後再興されることなく石の地蔵のみ残り、「照手の笠掛地蔵」として親しまれてきた。この辺りには照手姫に関わる伝承地として道中の長久寺村に「狂女谷」が地名として残り、姫の白粉のため水が白く濁ったという、「白清水」などがある。
 以上が柏原に伝わる説話であるが、・・・
 つづく
スポンサーサイト

NO233:神明神社の「子宝の水」

  2017,7,9柏木街道 031-1q
滋賀県米原市の美味しい水が湧き出ている「醒ヶ井」の近くに「子宝の水」が出ているという。
   2017,7,9柏木街道 030-1w
河内  ここは清流の里
今回ここに行く事になったのはアル事情があっての事。
と、言うほどでもないのだが、高原水を取りに行った時案内してくれた知り合いが、NHKのBSで日本百名山を見ていたら山登りの途中に名水が出るとこが在り、そこへ行かないかと話を持ち掛けてきた。
どうも、彼はこの夏アルプスに登りたいようなのだが、前回書いていた腰痛がイマイチ回復せず、アルプスを登山する自信がなく近場の低い山を登り身体の調子を確かめたいとの事、その山が滋賀県の多賀町にある「霊仙山」である。
カルスト地形の山だといい、隣接する米原市からも登山道が整備されているとの事、その時点では登山ルートは決定しておらず、吾輩も気をそそられて行く事にした。しかし、名水が汲める話はイマイチあやふやで信用できなかったので、万が一汲めない時の事を考えて、美味しい水が出る米原市一帯の湧水場所を探しておいたのである。
結果、九州地方を襲った未曽有の豪雨の前線が北上して滋賀県彦根市一帯は正午前後から雨マークが出たため登山は中止となり、一日ポッカリ空白になったので一人で探しておいた場所に水汲みに行く事にした行動でありました。
出来れば探しておいた二か所に寄って来れたらの思いで出発。
米原へ行くには、我が家からでは2ルートの方法があります。①は京都縦貫で大山崎まで行き名神へ乗り換えて米原ルートと②舞鶴若狭道から北陸道をへて米原ルートが有りますが、②の方が時間も金額も早くて安く行けるのですが同じルートを往き帰り使うのも面白くないので、①から行き②から帰ってくる事にした。
見出しの写真の高速道路の下をくぐり集落へ入って行きました。
   2017,7,9柏木街道 032-1w
この集落は川に沿って細長く集落が集まっているようで、人名神社が在るであろう場所は集落の一番奥の様で車でそちらへ移動。河縁の車一台が何とか通れる道を通り
  2017,7,9柏木街道 028-1r
たどり着いたところが
   2017,7,9柏木街道 027-1u

行き止まり、神明神社らしきものは無い・・・で再度集落の方へ
   2017,7,9柏木街道 028-1r
だ~れか居ないかな~・・・・・・と集落をゆっくり走っていると、子供連れの奥様、早速尋ねてみると、「湧水の出ている所などない」と、「神明神社」という所に出ているらしい・・・と、あ!それなら伏流水が出ているよ、との事、その神社は山へ入る扉を開けてすぐの橋を渡った処の左に出ていると、という事で再度川沿いの奥まで進み、先程の扉を開け中へ・・・と50mほど進めば
   2017,7,9柏木街道 025-1u
神社側から見た橋
   2017,7,9柏木街道 024-1u
とりあえず神社へお詣りしてからと石段を上って行くと
  2017,7,9柏木街道 014-1i
階段の途中に
   2017,7,9柏木街道 015-1o
何かを祀っている場所が目に付いた
   2017,7,9柏木街道 016-1p
写真を撮ってよいモノか迷ったが、とりあえずパチリ、後ろに(正面)に立っている夫婦杉?を祀っているのかも
   2017,7,9柏木街道 019-1d
しかし、このような神聖な場所を見ると一人でいる吾輩の身体がゾクゾクと身震いしたのである。
早くお詣りして水を汲んで帰ろうと、本殿へ
   2017,7,9柏木街道 018-1s
失礼とは思いながら中を覗いて見ると
  2017,7,9柏木街道 022-1f
左側、そして右にも
   2017,7,9柏木街道 023-1g
なんと二つも祠が・・・案外夫婦杉?に因んで夫婦祠カモ・・・・・と勝手に考えたりして・・・バチが当たるかな(?_?)
で水汲み場の方へ
   2017,7,9柏木街道 013-1h
以前、醒ヶ井の湧水を汲みに行った時は無かった「米原市湧水認定」の看板が立ててあった。
   2017,7,9柏木街道 009-1j
認定:未来に伝えたい「まいばらの水」
米原市には豊かな森や山が育んだ美しい湧き水が数多く存在し、昔から地域の暮らしの中で大切に使われてきました。水道の蛇口をひねればあたり前のように水が出てくる便利な現代社会の中で、忘れられつつある水や水を育む森の大切さを改めて感じていただき、地球の美しい水環境を未来へ受け継いでいくきっかけとなる事を願っています。
NO9『子宝の水』  硬度92,2mg/L(中硬度)
昔から美しい水が湧き出ていて、地域の人々は盆になるとこの水を汲んで仏壇などに供えていました。湧水を飲用する事により子宝に恵まれたという話もあり、地域では子宝の水として参拝する人もいたと言われています。  飲用として推奨するものではありません
      米原市    2013年12月
   2017,7,9柏木街道 011-1k
パイプから漏れた水は石の下からも出て来ていました。
   2017,7,9柏木街道 012-1l
ブログを書きながら見えてきたことは、石段の脇に祀ってあったものは、何気なく写した「夫婦杉」ではなかったのか、それも神明神社の「御神体」になっているのではなかろうか、そこから、湧き水の名前も「子宝の水」となったのではないかと推理をしてみた。
夫婦杉→夫婦和合→子宝の水
尚、神明神社のいわれデス

独断と偏見の水評価
水の硬度が中硬度と書いてあるとおり、程よいコク・マイルド・喉越し共言う事なしで
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_-)-☆ デス    
詳しい場所
   
      


 

NO86:醒ヶ井湧くわく街道⑥「天神水」

ココも前回10年前に来たところデス。
その時は地蔵川での水汲み場が分からず、醒井養鱒場に見学に行く途中に偶然立札を見つけて行ってみる事になり、水を汲んだ記憶があります。
   P9290141-b.jpg
平成20年・平成の名水百選に「居醒の清水」が選定されたことから、当時このようなものも有りませんでしたが、公園らしく整備されたようです。
ココが駐車場で、トイレもあります。ここを降りて行くと池が目に入ります。
P9290139-b.jpg
池の中の石灯籠には「灌田泉」と書かれてあり、その昔には田んぼに水を確保する大事な泉だったに違いありません。
今は「天神水」となっていますが、どうも後から付けた匂いがします。
  P9290138-b.jpg P9290140-b.jpg
     天神水(池)
この集落の背後の山々は石灰岩でできており雨水の浸食作用を受けた空洞が有り多量の地下水が流れていて一部がココに湧いているものと思われる。清水は枯れることなく湧き、今日まで生活用水や農業用水として不可欠なものであった。
 また夏には冷蔵庫代わりとして重宝されたものである。
 このため天満宮を祀り「天神水」と崇められ、池の中の灯篭には「灌田水」と刻まれている。

この下流には、水車も整備されていました。
 P9290135-b.jpg P9290136-b.jpg
右の写真は、水が流れて行く方です。
水を汲むのはその横の方で、ここだけは以前来たときと変わっておらず、自然のまま湧水が出てくるところを保存されています。これはこれで、非常にいいことだと思います。
  P9290132-b.jpg
これで、醒ヶ井湧くわく街道の旅は終わりです。尚、米原市には昭和の名水百選に選ばれている「泉神社湧水」がある事が分かりました。機会が有れば行ってみたいと思っています。

注意:居醒の清水は、H24円年8月29日の水質検査で大腸菌が検出されています。飲む場合は煮沸してくださいとの事です。

天神水をコーヒで沸かして飲んだ味ランクは
独断と偏見の
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vです 

詳しい場所は
 
大きな地図で見る


NO85:醒ヶ井湧くわく街道⑤「醒ヶ井渓谷の岩清水」

養鱒場の「鐘乳水」を満足する量を得る事が出来なかったので、急遽養鱒場へ向かう途中に出ていたパイプの水を汲む事にして、醒ヶ井渓谷に引き返して行った。
P9290125-b.jpg
渓谷美の良い処の(ただし醒ヶ井渓谷での)道路の縁からパイプが出てきています。
P9290128-b.jpg
誰かが大切に管理しているらしく、洗面器が置いて湧水が溜まるようにして有り、その溜まった水を汲んでいただきました。横には竹ぼうきが置いて在り、掃除もしておられるようです。

もう一枚渓谷美
P9290127-b.jpg
秋には紅葉がさぞ綺麗だろうな~と思いながら、最後の水汲み場所「天神水」へ先を急いだ

醒ヶ井渓谷の岩清水でコーヒーを沸かした味は、他とは少し変わっていてマイルドさが少ないけども飲みやすいコーヒーに仕上がりました。
独断と偏見のランクは
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)v でした。

詳しい場所は

大きな地図で見る

NO84:醒ヶ井湧くわく街道④「養鱒場の鐘乳水」

地蔵川沿の散策を終えて、次に向かったのが霊仙山の麓にある、昔東洋一であった「醒ヶ井養鱒場」です。
img084-b.jpg
車で丹生川(にゆうがわ)沿いに上流10分ほどで着きます
途中イボ取地蔵が在りました。
   P9290101-b.jpg
この水をイボ取り地蔵に供えて、イボに付けるとイボが取れるという伝説がある様です。
   P9290102-b.jpg
しかし、この水は飲まないでくださいと、立札が立っていましたのでパス

渓谷美の良い醒井渓谷を横に見ながら走っていると、がけ崩れ防止柵の隙間からパイプが出ておりり、そこから水が流れていましたが、この辺ではどこでもパイプを差し込めば水が出て来るのとチガウカァ~と言いながら走っていると醒井養鱒場に着きました。
本来は、養鱒場に入る手前から醒井楼のある方へ入って行けば、役行者(えんの)がお堂を建てようお斧で石を割ったら水が湧いて出たきたという、「役行者の斧(ヨギ)割水」があるはずであったが、醒井楼の方らしい人に尋ねると、災害で崩れて今は出なったという事でしたので、ここもパス。
で、醒井養鱒場にある、鐘乳水をもらいに
  P9290122-b.jpg
有料駐車場のオバサンに湧水の事を聞くと、今は汲めなくなっているとのつれない返事^_^;
・・・との事なので、水汲みはあきらめて昼飯と園内散策に切り替えて入園して行く事に、実は10年前にもここには来ていたのだが、その時は正月休み、人がいなく殺風景な記憶しか残っていなかったので、今回は観光客が次から次に訪れておられる様子で活気が感じられました。
園内に入って行くと、最初に目に留まったのが小鮎塚
  P9290106-b.jpg  P9290104-b.jpg
花崗岩の石碑ですが、その建立の出で立ちが書いて有るのだが、例の如く読めない、でもって、それを印刷して横に貼ってあった。
  小鮎塚 「この地に小鮎塚が建立されたのは、醒井養鱒場の池で小鮎が大鮎になりうることが確認された事からである」

 琵琶湖産小鮎は大正時代の末期より淡水養魚界に登場して重要視されることになる。それ以来滋賀県当局の指導のもとで再捕蓄養輸送の施設を完備し、今や年々延長四千kmに至る全国河川に移植され、その出荷額は実に5百万円に上る。小鮎の功徳や偉大なりと伝える。
 ここに小鮎塚を建立して移植放流事業開始以来今日までのその犠牲となった小鮎3億尾の霊を慰めると共に小鮎族が永劫に繁栄し、わが国の水産資源の開発に貢献しうることを祈願する。
 ちなみに古来小鮎はその漁体が終生小型で、大鮎とはその種類を異にすると信じられていた。しかし、滋賀県水産試験場の魚類学的識県はこれに疑問を懐くに至り、場員水産講習所出身の柳本斗夫を研究主任として、知内分場に於いて明治42年より、地中飼育試験に着手し更に翌年より鮎の生息しない水域の天野川上流丹生川に放流試験を実施し、その成果で小鮎は大鮎と同種で体型の大小は環境の相違に基因することを実証するに至った。
 小鮎の河川移殖事業の創始発達は一に歴代本県水産試験場員各位の絶大なる努力と農林水産局の活魚遠距離輸送試験のたまものである。歳月を経ることによって、この尊貴すべき発見創意に関し異説を生ぜんことを恐れここにこれを併記する。
皇紀二千六百年十一月十日(昭和十五年十一月十日)
             滋賀県小配給協会長   荒木勝次
             元農林次官従三位勲二等 阿部寿準 題
             衆議院議員       森孝太郎 撰

一度来園しているので、今回は昼飯の食べるとこを、ちょうど休憩所「せせらぎ」が目にはいり行く事に、入館しようとすると「お父さん湧水が出ているよ」との連れ合いの声、入口に石組で作った「鐘乳水」と書いた立札が、しかし、容器がないのでどうしたものかと考え、とりあえず昼飯を食べて持ってきたお茶のペットボトルを飲み干して入れる事に、
   P9290111-b.jpg
ダメかと思っていた「鐘乳水」をめでたくゲット
・・・で鐘乳水の云われとは
      醒井の七湧水の一つ鐘乳水(醒ヶ井養鱒場の源泉水)
霊仙山より湧出る水を源からここまで引いています。夏も冬も12℃みずです。手でふれてみてください。

コーヒー二杯分ぐらいしかありませんが、味をみるには大丈夫!あとは、釣り堀を見に
  P9290112-a.jpg P9290113-b.jpg
以前書いた綾部の渓流山荘とは規模がちがいまぁ~ス。魚も違いまぁ~ス
P9290116-b.jpg
どうもビワマスのようです(^_^)v

スゴイ獲物をゲットしたカップルの嬉しそうな場面も見れたし、次の水汲み場に行く事に、最後に養鱒場の歴史を
   P9290118-b.jpg
      醒井養鱒場の沿革
 当場の歴史は、1878年(明治11年)、当時の醒井村枝折に琵琶湖特産のビアマスの増殖の為の県営ふ化場として開設されたのに始まります。翌年に現在地の米原町上丹生に移転し、事業を拡大しました。その後一時民間に仕事を移した事もありましたが、1929円(昭和4年)に県水産試験場醒井養鱒場として復帰し、ニジマス養殖振興のための種苗生産基地として再出発しました。それ以来、種苗生産設備の整備を重ねるとともに、その時代の内水面漁業や養鱒業界の要請に応えて試験研究や調査事業、技術者指導を進めてきました。
また一方では魚の生態等学べる研究施設も整備し、広く一般の人々にも観光を通して水産の普及啓発をはかるなど、総合的で開かれた試験研究機関としての活動を進めてきています。

入場料:大人ー450円  高校・大学生ー250円  以下ー無料
釣り場:入場は有料でサオとエサが借りられます。 釣った魚はすべて買い取りになっています。

という所です。魚好きの方は機会が有れば寄ってみる価値はあると お も い ます。

で、「鐘乳水」をコーヒーで飲んだ感想は、「居醒の清水」のまろやかさを濃いくした感じで、水を牛乳にたとえるとジャージー牛乳の様な感じかな、アクが強すぎたので

醒井養鱒場の「鐘乳水」の味ランクは、偏見と独断の評価は
(^_^)v (^_^)v (^_^)v (^_^)vでした
詳しい場所は

大きな地図で見る


プロフィール

水汲みマン

Author:水汲みマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
湧き水のおすそ分け
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR